F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1、第2戦に向けてトラブル対策に取り組む「全体的なパフォーマンスには満足できた」

2018年3月29日

 ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治氏が、開幕戦オーストラリアGPで発生したパワーユニットのMGU-Hのトラブルについて、次戦までに分析し、対策を取りたいと語った。一方、開幕戦でのパワーユニットのパフォーマンスは概ね満足できるレベルだったということだ。


 プレシーズンテストでは大きなトラブルがほとんどなく、非常に順調に過ごしたトロロッソ・ホンダだが、開幕戦では予選、決勝ともに良い結果を出すことができなかった。


 予選ではブレンドン・ハートレーが16位、ガスリーが20位とともにQ1で敗退した。決勝ではハートレーはスタート直後にタイヤをロックさせ、予定外のタイヤ交換を行わざるを得ず、最後尾に沈み、タイヤのパンクもあって、1周遅れの最下位でフィニッシュ。ガスリーは1周目にポジションを上げ、16番手を走っていたが、14周目にMGU-H関連のトラブルが発生し、ピットに戻ってリタイアとなった。


「ターン12を過ぎたところでエンジンが止まり、その後、また始動したものの、スロー走行しかできず、シフトアップできなかった」とガスリーはレース後に語っている。


 田辺テクニカルディレクターは、HRDさくらで徹底的な調査を行い、第2戦バーレーンに向けて対策すると述べた。


「テレメトリーにおいてMGU-Hに関係する異常なデータが見られました」と田辺テクニカルディレクターが語ったとRACERが伝えた。


「そのためマシンを止めました。これからデータの詳細とパーツについて調査し、次のレースに向けて何ができるかを考えます」


「パーツ自体がひどいダメージを負っているのかどうかはまだ分かりません。再度使用できるかどうか、調査が必要です」


「プレシーズンテストではこういったトラブルは起こりませんでした。これが初めてです。今シーズンは3基のパワーユニットで戦わなければならず、オフシーズンにはマイレージに関する評価を行いました。3基ということは、5000km以上になるので、マイレージ上、完璧ではありませんでしたが、周回を重ねるなかで、ここまでは問題は発生していませんでした」


「つまり開幕戦でトラブルが起きたり、テレメトリーに異常なデータが出てくるといったことは予想していなかったのです」


 ハートレーは完走したものの、順調なレースではなく、他社のパワーユニットとの比較をするのは難しいという田辺氏だが、概ね満足できるパフォーマンスだったと語っている。


「ブレンドンも、少し難しい状況でした。ただ、今回のレースで確認した全体的なパフォーマンスには満足しています」



(AUTOSPORTweb)




レース

4/27(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
4/28(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
4/29(日) 決勝 21:10〜


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル54
2位ルイス・ハミルトン45
3位バルテリ・ボッタス40
4位ダニエル・リカルド37
5位キミ・ライコネン30
6位フェルナンド・アロンソ22
7位ニコ・ヒュルケンベルグ22
8位マックス・フェルスタッペン18
9位ピエール・ガスリー12
10位ケビン・マグヌッセン11

チームランキング

※中国GP終了時点
1位メルセデス85
2位フェラーリ84
3位レッドブル55
4位マクラーレン28
5位ルノー25
6位トロロッソ12
7位ハース11
8位ザウバー2
9位フォース・インディア1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第4戦アゼルバイジャンGP 4/29
第5戦スペインGP 5/13
第6戦モナコGP 5/27
第7戦カナダGP 6/10
第8戦フランスGP 6/24
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報