F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グランプリのうわさ話:ウイリアムズの買収を目論むストロール親子とシロトキン陣営

2018年3月15日

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

チームの買収交渉が進むウイリアムズ

ストロールとシロトキン、どちらが主導権を握るのか
XPB Images

 ウイリアムズが今季のレースドライバーにふたりの若手を選んだのは、チームの株式を売却したいという、クレア・ウイリアムズの望みの反映でもあったようだ。

 チームに近い筋によると、ランス・ストロールの父親とセルゲイ・シロトキンのメインスポンサーであるSMPは、すでにウイリアムズ家とチームの買収に関する交渉を始めているという。

 ストロール家は、過去3年間でおよそ8000万ユーロ(約105億円)をこのチームに投じてきた。パディ・ロウのサラリーも実質的には彼らが肩代わりしたのだが、バルセロナテストでの状況を見て、彼らはチームがあまり進歩していないことに不満を感じているらしい。

 ロシアのSMP銀行は、ダラーラと提携してWEC世界耐久選手権チームを所有している。そして、次のステップとしてウイリアムズを買収して傘下に収め、F1に進出することを狙っているようだ。

 最終的にどちらがウイリアムズの新オーナーになるかは、今年ふたりの若いドライバーのうち、どちらが優れたパフォーマンスを見せるかにも大きく左右されるだろう。その争いに敗れた方は、おそらく資金と共にウイリアムズを離れ、どこか別のチームへ行くことになるからだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

伝統ある開催地を次々と失う可能性

ドイツGPに続きスペインGPやイタリアGPも存続の危機
XPB Images

 最悪の場合、F1はここ1〜2年の間に、複数の伝統ある開催地を失うことになるかもしれない。

 シルバーストンは、すでに現契約の解約条項を発動させている。その主な狙いは、リバティ・メディアを相手に、従来よりも有利な条件で契約を結び直すことにあった。しかし、交渉が不調に終われば、同地でのイギリスGPは今年限りで終了する。

 また、先週もお伝えしたように、ホッケンハイムの契約は2018年までだ。

 ブラジルのサンパウロ市長は、インテルラゴス・サーキットを民間投資家に売却する意向を固めており、そうなった場合、ブラジルGPの開催継続が保証されるとは限らない。

 カタロニア・サーキットも、2019年に現在の契約が切れた後、スペインGPの開催権料として毎年2300万ユーロ(約30億円)を払い続けるのは難しいと明言している。

 モンツァは2019年までの契約を交わしている。だが、先日の総選挙の結果、イタリア政府が主催者への補助金支給を続けるのは、きわめて難しい状況になりそうだ。イタリアGPの主催者が政府の支援なしで必要な資金を集め、FOMと新たな契約を結ぶのは、過去の経緯から見るとまず不可能だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

メルセデス代表がオコンを称賛する意味とは?

ボッタスの実力を引き出す近道か
XPB Images

 トト・ウォルフは、バルテリ・ボッタスの実力を引き出す一番の早道は、彼のシートを狙うドライバーたちを称賛して、プレッシャーをかけることだと考えているらしい。

 バルセロナでのテスト中に行われた複数のインタビューで、ウォルフはエステバン・オコンを手放しで褒め称え、オコンを『マイ・ボーイ』とまで呼んでいる。

「エステバン(・オコン)がまだ子供だった頃から、彼のレースを見てきた。それだけに、簡単には切れない深いつながりがあると感じている」

 さらにウォルフは、こう語った。「今年、彼が乗るクルマのパフォーマンスがどうであれ、フォース・インディアのふたりのドライバーのうちでは、彼の方が速いだろうと確信している。そして、もし期待に応える活躍を見せてくれるならば、彼がトップチームに呼ばれるに相応しいドライバーであることは明らかだ。今後もエステバンからは目を離さないつもりだ」

・・・・・・・・・・・・・・・

アロンソ、マクラーレン・ルノーへの愛情も長くは続かず

ピットに響くアロンソの叫び
XPB Images

 フェルナンド・アロンソの新しいマクラーレン・ルノーに対する愛情は、やはり長くは続かなかったようだ。

 プレシーズンテストの最終日、またしてもエンジントラブルに見舞われた彼は、「エンジンだ! たったの5周で! ありえない!」と大声でまくし立てながら、チームのガレージに戻ってきた。

 ホンダのパワーユニットへの不満を、公然とぶちまけていた昨年までと全く同じようにだ…。

(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報