F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1が優勝争いに絡むには「予選でトップから0.3秒以内につけることが必要」とフェルスタッペン

2018年3月13日

 レッドブルがメルボルンで優勝をかけて戦うことを願うのであれば、ポールポジションとの差を0.3秒程度に抑える必要があるだろうと、マックス・フェルスタッペンは述べている。


 2週間のプレシーズンテストの結果から見れば、レッドブルはトップ3チームのひとつに楽々と収まることができている。


 ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのふたりは、レッドブルの新マシンRB14を駆り、比較的トラブルの少ない準備期間を過ごした。


 メルセデス、フェラーリ、レッドブルが優勢な状況は、オーストラリアGPでまたすぐにでも始まると見られているが、この3チームの序列がどうなるかは誰にも予想のできないことだ。


 いずれにせよ、予選を僅差に抑えることで、今月末のアルバートパークでの勝利をかけた競争に加わることが可能になると、フェルスタッペンは考えている。


「まず何よりも、差を縮めておかなくてはならない。予選で(トップとの差が)0.3か0.4秒以内であれば、少なくとも彼らとレースで戦える。なぜなら、通常レースではもう少し僅差になるからだ。当然0.3秒以内を目標にする」とフェルスタッペンは語る。


 レッドブルは2018年マシンのデザインに早い時期から着手ししており、メルボルンでの戦いにすぐにでも取りかかれる態勢となっている。開発の遅れにより、シーズン序盤は競争から外れてしまっていた過去数年とは対照的だ。


「2017年序盤のマシンと、終盤のマシンでさえ大きく違うものになった。だから僕たちはより近づけると期待している」


「どのくらい近くまで行けるかは分からないが、メルボルンでのフリー走行と予選ではっきりするだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報