F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1日本GPにハッキネン、アレジ、マッサなどレジェンドライダーや往年の名マシンが大集結

2018年3月10日

 3月10日、鈴鹿サーキットで2018年で30回を迎えるF1日本グランプリの開催概要が発表され、このなかでF1レジェンドドライバー、レジェンドマシンのデモランイベントの実施が明らかにされた。


 F1日本グランプリは1987年の初開催以来、2018年でF1開催30回目を迎える。会見に登場したモビリティランド取締役社長山下晋氏は、栃木県のツインリンクもてぎが20周年を迎えた2017年は二輪にとって大きな区切りの年であったことに触れつつ「2018年は四輪レースを中心にとした意義ある年にしたい」とコメント。


 2018年のF1日本グランプリは過去にないスケールで、来場者がワクワクでき、思い出に残るようなイベントにしたいとのことで、それぞれの企画を『FUN』としたのだそう。そのイベントのひとつ、『Legend F1 SUZUKA 30th Anniversary Lap』。往年のF1レジェンドライダー、レジェンドドライバーがF1日本グランプリに登場し、デモンストレーションランを行うというものだ。


 山下社長は「F1マシンは15台以上、レジェンドドライバーを10人以上呼びたいと思っています。また、(F1日本グランプリ開催期間の)金曜、土曜、日曜すべてで走らせたいと思っていて、そのチャレンジをしていきたいと考えています」と、過去に類を見ないこのイベントについて説明。


 このイベントでは5日金曜に15分間の練習走行が行われ、6日土曜にはデモラン3周、7日日曜に15分デモランが実施される予定だという。


 3月10日時点で参加が決定しているドライバーはミカ・ハッキネンとフェリペ・マッサ、そして3月10〜11日に鈴鹿サーキットで開催されている『2018年モータースポーツファン感謝デー』にも登場しているジャン・アレジ。マシンはロータス100T、マクラーレンMP4/6、フェラーリ412T2とフェラーリF2005、フェラーリF10が予定されている。


「2018年、鈴鹿サーキットは“チャレンジ”をしていきたい」と語る山下社長。2018年のF1日本グランプリはレースはもちろん、今回発表されたイベント、展示もあわせて堪能できるレースウイークとなりそうだ。



(AUTOSPORTweb)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
7/12(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP