F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1の“無冠の帝王”スターリング・モスが引退。息子が公式サイトにメッセージを掲載

2018年1月20日

 モータースポーツ界の伝説的人物である88歳のサー・スターリング・モスが、公の場から引退することを表明した。理由は、自身の健康と家族との時間を大切にするためだという。F1のタイトルこそ獲得しなかったものの、“無冠の帝王”モスについては多くが偉大なドライバーであると認めている。


 彼の息子であるエリオット・モスが、公式ホームページに引退に関するメッセージを以下のように掲載した。


「近況を知るために、このサイトを訪れくれる父のたくさんの友人や、世界中にいるファンの皆さんへ。父が引退を決意したことをお知らせします」


「2016年末に深刻な感染症にかかった父は、回復に時間がかかっていました。不屈の精神を持つ男でしたが、88歳になって、ついに引退することになったのです。これからは母や他の家族との時間をより長くとり、ゆっくりと過ごすことになります」


「モス家のメンバー全員が、これまで受けた皆さんからの愛とサポートに感謝しています。皆さんの2018年が、幸せで豊かなものとなりますように」


 2016年、深刻な肺感染症を患ったモスはシンガポールの病院に数ヶ月間入院しており、回復には長期療養が必要だった。


 モスは1955年から1961年にわたってメルセデス、マセラティ、バンウォール、クーパー、ロータスからF1に参戦し、16回の優勝を飾っている。ドライバーズ選手権では2位を4度も経験した。


 しかしながら、彼のキャリアで最も有名な優勝は1955年のミッレ・ミリアである。モスはメルセデス・ベンツ300SLRを駆り、デニス・ジェンキンソンを従えて走行した。


 2016年12月に入院するまで、モスは世界中を旅して回り、毎年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにはゲスト兼関係者として参加していた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

11/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン408
2位セバスチャン・ベッテル320
3位キミ・ライコネン251
4位マックス・フェルスタッペン249
5位バルテリ・ボッタス247
6位ダニエル・リカルド170
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス62
9位ケビン・マグヌッセン56
10位カルロス・サインツJr.53

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス655
2位フェラーリ571
3位レッドブル419
4位ルノー122
5位ハース93
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア52
8位ザウバー48
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報