F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ密着:ポテンシャルを最大限に発揮して8位となったアロンソの走り

2017年11月13日

 土曜日から一転、日曜日のインテルラゴスは晴天となり、ブラジルGP決勝レースはドライコンディションで行われた。6番手と12番手からスタートしたマクラーレン・ホンダ。だが、スタート直後の1コーナーでストフェル・バンドーンが2コーナーでダニエル・リカルドとケビン・マグヌッセンにサンドイッチされてクラッシュ。サスペンションにダメージを負ったバンドーンは、その場でリタイアした。

 レース後、「明らかに、僕が望んでいたレースではなかった」とバンドーンは悔しさを露わにしていた。じつはバンドーンは、金曜日の夜にレストランで食べたマグロのソテーで食あたりを起こしていた。

 夜通し嘔吐を繰り返したバンドーンは、土曜日になってなんとか回復したものの、体重が2.6kgも落ちてしまった。チームドクターとフィジオ(理学療法士)の懸命な処置で、バンドーンは予選を13位で通過。体調が完全に戻った日曜日のレースでは、12番手からポイント獲得を狙っていただけに、残念な結果に終わった。

 スタート直後にいきなり1台がリタイアしたマクラーレン・ホンダだが、チームメイトのフェルナンド・アロンソはスタートで1つポジションを上げると、1コーナーでのポジション争いで他車と絡むこともなく、5番手で2周目へ向かった。





レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報