F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:隙をみせてしまったハミルトン。それでもピットスタートからの4位はすごいの一言

2017年11月20日

 予選のルイス・ハミルトンのミスは珍しかったですね。タイトルを獲って隙ができてしまったのでしょうか。あれはタイヤの内圧が上がりきれていない段階でボトミングしてしまい、空力のバランスが狂ってしまったのだと思われます。バンプした時にかなり火花が出ていたので。

 タイヤが普通にグリップしている時はあんなに簡単にはリヤは出ないですから。たぶんハミルトンからすれば、グリップは感じていたとは思います。

 予選ではフェルナンド・アロンソ、ニコ・ヒュルケンベルグががんばっていましたね。ルノーはカルロス・サインツJr.の方が速いと思っていたのですが、ヒュルケンベルグも速いんだなあと。

 決勝スタートでは、バルテリ・ボッタスはセバスチャン・ベッテルに抜かれてしまいました。もったいないですね。あそこで抜かれなければランキング2位になれたかもしれないのに。あれがすべてだと思いますよ。

 そしてハミルトンのピットスタートからの4位はすごいのひと言。序盤にSCが入ってラッキーな点があったとはいえ、トップと6秒以内ですからね。

 あと、前回も思ったんですけど、ブレンドン・ハートレーがすごい。彼の何がすごいって、その体力です。毎週F1とWECを連戦していて、すごいタフ。時差だけでも考えたくなくなります。間近で見ると、背は高いけどすごく華奢なんですよ。

 しかもしばらくシングルシーターに乗っていなかったにもかかわらず、パッと乗ってそこそこ走る。今回は予選でもピエール・ガスリーを上回っていました。それを考えると、今のWECも充分レベルが高いのかなと思いました。

 フェリペ・マッサの闘志溢れる走りも良かったと思います。一瞬ミスしていたけど、うまくカバーしていました。最後の母国グランプリでいいところを見せられたのではないでしょうか。マッサが引退した後は、誰がシートに座るんですかね。また戻って来ちゃったりして? (笑)

(Tsugio Matsuda)

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

4/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
4/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
4/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※中国GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン68
2位バルテリ・ボッタス62
3位マックス・フェルスタッペン39
4位セバスチャン・ベッテル37
5位シャルル・ルクレール36
6位ピエール・ガスリー13
7位キミ・ライコネン12
8位ランド・ノリス8
9位ケビン・マグヌッセン8
10位ニコ・ヒュルケンベルグ6

チームランキング

※中国GP終了時点
2位メルセデス130
2位フェラーリ73
3位レッドブル・ホンダ52
4位ルノー12
5位アルファロメオ12
6位ハース8
7位マクラーレン8
8位レーシングポイント7
9位トロロッソ・ホンダ4
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第3戦中国GP 4/14
第4戦アゼルバイジャンGP 4/28
第5戦スペインGP 5/12
第6戦モナコGP 5/26
第7戦カナダGP 6/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報