F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「原因不明の失速に途方に暮れている」:レッドブル F1メキシコGP土曜

2017年10月29日

 2017年F1メキシコGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは7位だった。


■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=7位
 今週末はずっと強さがあったのに、予選ではグリップがまったくなかったんだ。僕はFP2をトップで終えたし、マックス(・フェルスタッペン)も今日の午前中のセッションでトップだった。だから昨日からマシンにはほとんど何も触っていない。それなのに今日はピットを離れるたびにグリップ不足に悩まされた。


 Q3ではタイヤにもっと熱を入れられるよう、実験的にウォームアップラップを余計に走ってみたりもした。それでもグリップは毎回、ピットを出た時からランの終わりまで変わらないようだった。1セットのタイヤでスイッチが入らなかったり、温められなかったりして、時間を失うことならある。でも今日は走るたびに同じことが起きていた。


 今日の午前中は路面がとても冷えていたにも関わらず、1周目からタイムを出せていたから、午後もタイヤを温めるのは簡単なはすだったんだ。マシンが予選前の状態に戻れば、明日はここからでも表彰台をかけて戦える。でも今は混乱しているので、この1時間に何が起きたのかをちゃんと理解する必要がある。


 ウォームアップラップを2周にしたり、1周にしたり、フロントウイングをいじったりと、いろいろやったけれど、マシンはどうにも戦える状態にならなかった。最終的に打つ手がなくなった。なすすべがなかったんだ。混乱しているし、苛立っているし、途方に暮れている。



(AUTOSPORTweb)




レース

10/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報