F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレン・ホンダ甘口コラム 日本GP編:結果には繋がらなかったが過去2年から大きく前進

2017年10月16日

 マクラーレン・ホンダの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のマクラーレン・ホンダのコース内外の活躍を批評します。今回は2017年F1第16戦日本GPを、ふたつの視点でジャッジ。
--------------------------

 マクラーレン・ホンダとして臨んだ最後の日本GP。しかし、今年もポイントは獲得できなかった。だが、今年のマクラーレン・ホンダは過去2回とは違い、大きく前進した戦いを鈴鹿で演じてくれた。

 マクラーレン・ホンダとしてのこの3年間の日本GPでの成績は以下が通りである(カッコ内は予選順位。スターティンググリッドではない)。

2015年
アロンソ11位(14位)、バトン16位(16位)

2016年
アロンソ16位(15位)、バトン18位(17位)

2017年
アロンソ11位(10位)、バンドーン14位(11位)

 まず鈴鹿の予選で、フェルナンド・アロンソが初めてQ3に進出した。ストフェル・バンドーンも11位と、2台そろって、上位を狙える位置につけていた。

 次にレース結果だ。惜しくもポイント獲得はならなかったが、アロンソの11位はパワーユニット交換によって最後尾からのスタートを強いられての結果。しかも、10位のフェリペ・マッサとのタイムは1秒を切っていた。アロンソは2015年にも11位でフィニッシュしているが、このときは10位のカルロス・サインツJr.と12秒以上の差があった。

 つまり、9番手からスタートしたバンドーンが、もしスタート直後にコースオフして18番手まで下がっていなければ、今年のマクラーレン・ホンダは難なく鈴鹿でポイントを獲得するだけのスピードがあった。





レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報