F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:ホンダに完全に愛想を尽かしたマクラーレン。提携解消の話は開幕前から進行

2017年9月16日

 2015年から始まったマクラーレンとホンダとの提携解消が、ついに正式に発表された。3年目の今年こそという期待も空しく、シーズン後半になっても選手権9位に低迷したまま。 


 いつまで経っても戦闘力と信頼性の両方に問題を抱えるホンダに、マクラーレンが完全に愛想を尽かした形だ。では具体的にどんな経緯で、解消話が進んで行ったのか。ホンダの山本雅史モータースポーツ部長が、ここに至るまでの裏話を語ってくれた。


「すでに開幕前テストから、これではやってられないとマクラーレンが言っているという報告が届いてました。具体的に契約解消の話が出たのは、開幕2、3戦目ぐらいです。僕らはあくまで関係継続にこだわり、もっとがんばろうよと言い続けたんですが」


 しかしレースの世界はあくまで結果であり、完走どころかまともにスタートもできないような惨状の中で、「両者の会話はどんどん自然じゃなくなって行った」と山本部長は言う。

度重なるエンジントラブルで不満と募らせていたフェルナンド・アロンソ

 マクラーレンやアロンソからのホンダ非難は、レースを追うごとに激しさを増して行った。


「そんな状況にもかかわらず、ここまで引っ張れたのは、現場を仕切る長谷川(祐介ホンダF1総責任者)の力が大きかった。本当に大変だったと思います」


 マクラーレンとルノーの交渉も、実はかなり前の段階から進んでいたという。山本部長はあるグランプリで、こんな光景を目撃する。


「ザック・ブラウンがルノーの幹部とパドッククラブで密会しているのを、偶然見てしまったんです。パドックではひと目に付きすぎると思ったんでしょう。マクラーレンはルノーと組むんだ、すでに水面下で話をしてるんだと、そこで理解した」


 しかしルノーはすでに3チームに供給しており、このままではマクラーレンは契約を結べない。そこからトロロッソとホンダとの提携話が急速に進んで行った。

2017年F1シンガポールGP金曜記者会見 ホンダの山本氏、トロロッソ代表のトスト、ホンダの森山氏

「マクラーレン・ホンダとして結果を残せず、契約が前倒しで終わってしまったことは悔しいですよ。ホンダがやり切れなかったことに対してね。でもトロロッソとやれることは、別の意味で楽しみですね」


 今の状況で、最善の選択ができたと?(筆者)
 「そう思います。ベストの選択ですよ」



(Kunio Shibata)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報