F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



【レースの焦点】自己最高という記録とともに若手3人が掴んだ自信/F1第14戦シンガポールGP

2017年9月19日

 ゴールの後の無線交信が一番賑やかだったのは、カルロス・サインツJr.とトロロッソのピット。イタリア語で「グランディッシモ!」と最上級の賞賛が飛ぶと、スペイン語で「バモス、バモス、バモス!──行こうぜ!」「トマ!──やったぜ」と交換が続き、笑い声が溢れた。

「カルロス、(他チームには)いかせないよ。ここに残るんだ!」と、移籍が決まってもエンジニアとの“共犯性”は完璧。最後はサインツJr.がイタリア語でメカニックたちに感謝を伝えた。

 サインツJr.4位、ジョリオン・パーマー6位、ストフェル・バンドーン7位と、3人の若手が自己最高の成績を記録したシンガポールGP。

Sutton

 トリッキーなコンディションのなか、パーマーは最初のセーフティカー直後、リスタート時にターン1でバルテリ・ボッタスをパス。サインツJr.は9周目のターン10でエステバン・オコンを攻略することに成功──。スタート直後の混乱のなかでは“強敵”フォース・インディアに先行を許したが、このオーバーテイクが9番手から挽回する糸口になった。

 3人とも、容易なレースを戦ったわけではなかった。サインツJr.は第2スティントにスーパーソフトを選び、スティント序盤はタイヤを作動させるのに苦労し、ニコ・ヒュルケンベルグにオーバーカットを許してしまった。

 バンドーンは2回目のピットでタイヤ交換に手間取って5秒以上ロスした結果、パーマーに迫る機会を失った。そしてパーマーは、どれほどのプレッシャーと、トラブルへの不安に耐えて走っていたことだろう?

Sutton

 上位のドライバー3人がスタート直後に接触、フェルナンド・アロンソのチャンスまで摘み取ってしまったレースは、いつものシンガポールより少し華やかさを欠いたものになった。

 それでも、中団グループにはいつも、タイトルコンテンダーと同じくらい“このレース”に懸けるドライバーがいる。彼らが走るコンディションは、マシン性能的にも、常に複数のライバルに囲まれている点でも、トップグループよりずっと複雑で難しい。

Sutton

 しかも、今年のシンガポールは雨に濡れ、いつも以上に困難さを増していた。そこでミスをおかさず、攻めるべき時にはフェアに攻め、守るべき時には慎重に走った3人は、レースを引き締めた功労者。

 自己最高という記録とともに彼らが手に入れた宝物は、間違いなく、苛酷な2時間をとおして強くなった心、自らのレースに対する自信だ。





レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報