F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ密着:時間が足りなかった…アロンソの最新パワーユニットはマイナーアップデート版

2016年10月1日

 予想通り、ホンダがマレーシアGPでアップデートしたパワーユニットを投入してきた。ただし、投入するまでに至る過程と、投入のされ方がやや複雑なので、整理しながら説明していきたい。

 まず、この新しいパワーユニットをマレーシアGPに投入したのは、フェルナンド・アロンソだけだった。新しくなったのは、ICE(内燃エンジン 8基目/10番手降格)、TC(8基目/5番手降格)、MGU-H(8基目/5番手降格)、ES(7基目/5番手降格)、CE(7基目/5番手降格)で、30番手降格のペナルティを受けることとなった。このうち、トークンを使用して改良されたのは、ICEである。ただし、それは望んでいたアップデートではなかった。

「正直、思っていたとおりのアップデートができませんでした。本来はもう少し大きい燃焼系の開発で馬力アップを狙っていたんですが、それがうまくいかなかった」と長谷川祐介総責任者。

 そこでホンダは、セカンドベストとも言える方法でトークンを使用してきた。もう少し時間をかけて、燃焼系の開発を行ってからトークンを使用することはできなかったのだろうか。長谷川総責任者は、それができなかった理由を「これ以上、時間がかけられなかった」と説明した。

 もし、マレーシアGPで新しいパワーユニットを投入しないと、次は鈴鹿となるが、チームはホンダの地元である鈴鹿でペナルティを受けさせたくないため、日本GPで新しいパワーユニットを投入することはない。そうなると、早くてもアップデートできるのはアメリカGP以降となる。アメリカGPは18戦目なので、残りは4戦。

「どこかのタイミングで開発のシフトを来季へ移さなければならないわけですが、残り4戦のために引っ張るという選択肢はなかった」

 つまり、時間切れとなったため、マイナーアップデートを入れてきたわけである。そして、事実上、ホンダの2016年の開発は、今回のスペックが最終バージョンとなり、残る1トークンを使用することはないという。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報