F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1日本GPの焦点】メルセデスに2ストップ戦略を決心させた、ふたりのドライバーに対するフェアな精神と不透明なミディアムの性能

2019年10月16日

 首位に立ったボッタスに関しては、メルセデスの作戦はクリアだった。16周目に2番手のベッテルがピットインすると、17周目にはボッタスがピットに入ってカバー。2台のうち前を行くマシンが優先権を持つ基本に則った作戦だ。ただし第1スティント後半、10周目以降はボッタスとベッテルの間隔が0.5〜1秒/ラップのペースで広がり、ボッタスが7秒近いリードを築いていたことを考えると、ハミルトンは「バルテリがあんなに早くピットインする必要はなかった」と言う。

「セブをアンダーカットするために、彼より先に僕がピットインするべきだった」

 たしかに、ハミルトンはベッテルの後方1秒以内まで迫っていた。しかしメルセデスはボッタスがミディアムに履き替えた後も4周の間ハミルトンをステイアウトさせ、それによってハミルトンはボッタスから20秒、ベッテルから10秒遅れの位置まで後退した──。この時点で誰もが想像したのは、ボッタス=2ストップ、ハミルトン=1ストップとメルセデスが作戦を分けてきたことだ。

 16周目のピットでベッテルに2セット目のソフトを履かせたフェラーリは、2ストップ作戦を公にしていた。ボッタスは17周目にミディアムを履いたが、36周という残り周回数を考えると彼もまた2ストップ作戦であることは明らかだった。レース前のメルセデスの計算では1ストップ/2ストップの差は小さく、どちらの作戦にも可能性があったという。

 タイムを失いながら21周目までステイアウトしたハミルトンは、第2スティントはハードでゴールまで走り切るものと考えていた。しかしチームはフリー走行で一度も試していないハードは性能が読めないものとしてミディアムを選んだ。

「ミディアムを履いた時点で、2ストップになるんだろうと思った」とハミルトンは説明する。ただ、それだと第1スティントを長く引っ張った理由が分からない。ドライバーの頭に混乱が生じた。

 実際のところ、メルセデスも迷っていたのだ。ハミルトンに1ストップ作戦を採用すると、チームの作戦によってふたりのドライバーのポジションが入れ替わってしまう。予選でハミルトンを上回り、レースでも快調に首位を走ってきたボッタスを、チームが後方に下げることになるのだ。実際、ボッタスが36周目にピットインした段階で首位に立ったハミルトンは、2番手ボッタスに9秒、3番手ベッテルに17秒のリードを持っていた。しかしふたりのドライバーに対してフェアであろうとする精神と、ミディアムの性能が32周も保つかどうか分からない現実が、チームに2ストップ作戦を促した。

 もし、適切な“ガイダンス”があれば、1ストップ作戦でゴールまで走り切れたかもしれないと、ハミルトンは振り返る。

「タイヤの性能低下が大きいから2ストップになるとチームは言った。つまり、僕はセブとの間隔を詰めることが必要だった。そして間隔を詰めることによって、毎ラップ、タイヤを消耗させてしまった」





レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報