F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第8戦フランスGPのドライバー・オブ・ザ・デー&最速ピットストップ賞が発表

2019年6月24日

 2019年F1第8戦フランスGP決勝レースを観戦したファンの投票による『ドライバー・オブ・ザ・デー』と、最速ラップを叩き出したドライバーに贈られる『DHLファステストラップ・アワード』、最速のピットストップ作業を行ったチームに与えられる『DHLファステスト・ピットストップ・アワード』の受賞者が決定した。


 今回『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選出されたのは、マクラーレンのランド・ノリス。5番グリッドからレースをスタートしたノリスは、スタートでカルロス・サインツJr.に抜かれ6番手となる。その後も順調にレースを進めていくが、43周目にDRSが使用できなくなるトラブルが発生。このトラブルでペースが上がらなくなったノリスは、後続に追い抜かれてしまい10位フィニッシュとなった(ダニエル・リカルドのペナルティにより9位に繰り上げ)。しかしながら予選からルーキーとは思えない走りで5番手を獲得し、決勝でも最後までトラブルに負けない力強い走りを見せ、ドライバー・オブ・ザ・デーに選出された。


 『DHLファステストラップ・アワード』を受賞したのは、52周目にフリーピットストップを行ったフェラーリのセバスチャン・ベッテル。レース最終周の53周目に、ベッテルがファステストラップを狙いにいくと知ったルイス・ハミルトン(メルセデス)も最速ラップを刻んで、それまでのファステストラップを更新した。その直後にベッテルがわずか0.024秒差でハミルトンのタイムを更新し、見事ファステストラップを記録した。


 『DHLファステスト・ピッストップ・アワード』は、モナコGP、カナダGPに引き続いてウイリアムズが獲得した。ウイリアムズは、ついに2秒を切る1.97秒という2019年シーズンの最速タイムを叩き出し、ロバート・クビサをコースに送り出した。2位にレッドブル、3位にはメルセデスが入り、ともに2秒台前半という十分に速いタイムを記録している。



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP