F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデス、VSC時のタイムロスを受け、ダッシュボードの表示を改善へ。「ハミルトンにミスはなかった」

2019年5月7日

 メルセデスは、F1アゼルバイジャンGPでルイス・ハミルトンがバーチャルセーフティカー(VSC)出動によりタイムをロスした問題について、ドライバーのミスではなく、複数の要素が絡まって発生した出来事であると説明した。


 2019年F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝で、VSC導入後、ハミルトンはリーダーのバルテリ・ボッタスとのギャップにおいて2秒をロスしたと訴えていた。


 レース終盤、VSCが出動する直前、ボッタスとハミルトンの差は2秒だったが、残り10周の時点でレースが再開された時にはギャップが3.5秒に広がっていた。


 レース直後、ハミルトンは自分のミスでタイムを失ったと発言していた。しかしその後、メルセデスのストラテジストであるジェームズ・ボウルズは、ステアリングホイール上の情報表示等が完璧ではなかったと説明した。


「レース終盤のVSCの際に、ルイスがバルテリとのギャップにおいて約2秒を失った。それが優勝争いに関して重要な役割を果たした可能性がある」とボウルズ。


「VSCが終了する際、ドライバーはダッシュのスクリーンに通知を受ける。何を表示させ、何を表示させないかは我々がコントロールすることができる」


「ルイスに対し、多数のスイッチ切り替えを指示した。それはマシンをより効率のよいモードに入れるための通常の作業だ。しかし多数の変更を行ったことで、彼はデルタタイムの数値を見失った」


 ボウルズは、VSCが終了した際のコース上の位置に関してもハミルトンは不利だったと語った。


「問題の原因となった要素は他にもある。ストレートにいれば──たとえばターン16からのロングストレートなどにいた場合──、VSCが終了した時には、スロットルを開けていけばいい」


「だがルイスはそうではなかった。彼はブレーキングゾーンにいた。最も難しい状況といってもいい。デルタタイムにおいてどの位置にいるべきかを調整し、 VSC後のリスタートに備えるのは簡単なことではない」


「こういう要素すべてが重なって起きたことであり、ルイスがミスをしたのではない。コース上の彼の位置、多数のスイッチ切り替えにより、実際のデルタタイムが不明瞭になり、彼は約2秒を失った」

2019年F1アゼルバイジャンGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2019年F1アゼルバイジャンGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)

 同じ問題が再発することを避けるため、メルセデスは、スペインGPから、ダッシュ上の表示について修正を行う予定だという。


「バルセロナに向かうにあたり、ダッシュのディスプレイについて改善を図ることが可能だ」


「VSC出動時にどこを走っているかは運に左右される。残念ながらそれは今後も変わらない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報