F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表、“アキレス腱”の存在を認めつつも、RB14の高い性能を称賛

2019年1月4日

 レッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーは、チームのRB14シャシーは2018年のグリッド上でも際立っていたと考えており、否定できない弱点はあるものの、マシンの出した結果を称賛した。


 2018年シーズン、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのふたりのドライバーがそれぞれ2度優勝したことで、レッドブルは4度の優勝を飾った。しかし手痛い信頼性の問題と、相対的にパフォーマンスが低いルノー・エンジンのせいで、最終的には先頭のライバルたちに比べて遅れをとってしまった。


 それにも関わらず、シャシーの性能が完全なパワーを発揮するトラックレイアウトでは、RB14はずば抜けていたとホーナーは語る。


「2018年の我々のマシンが素晴らしかったことは明白だ」とホーナーはF1公式ウェブサイトで述べた。


「RB14は2018年のF1で最強のシャシーだった。2018年にあったパワー不足を考えると、我々が達成した4度の優勝は非常に素晴らしいことだ」


「2018年の始めに強力なマシンがあったわけだが、我々はそれを活用することができなかった。2018年は信頼性が我々のアキレス腱だったのだ」


「エンジントラブルが多すぎたし、いくつか我々自身の問題もあり、苛立ちを覚えることもあった。しかしシーズンを通じてマシンを最適化することができていた」


「我々はライバルたちに比べて、タイヤをずっと効率的に使えていた。さまざまな要因の組み合わせによってね」


 信頼性の問題によって2018年のレッドブルには不調な時期もあったが、ホーナーはチームの2018年の最も重要な功績を満足気に振り返った。


「多くの面で悲喜こもごものシーズンだったと思う」とホーナーは付け加えた。


「勝利は非常に素晴らしかった。中国GP、モナコGP、そしてホームグランプリであるオーストリアGP、そしてもちろんメキシコGPでの優勝だ。それらのレースは間違いなくハイライトとなった」


「大抵の日曜日には、我々には非常に強力なマシンがあり、ドライバーたちはできるときには極めて強さのあるレースをしていた」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報