F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャンとマグヌッセンがハースF1離脱を発表。チームは2021年にドライバーラインアップ一新へ

2020年10月22日

 ハースF1チームに所属するロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンが、相次いで2020年末でのチーム離脱を発表した。


 2021年にハースがドライバーラインアップを一新するという推測が最近高まるなか、第12戦ポルトガルGP直前の10月22日、グロージャンとマグヌッセンが声明を発表、今季いっぱいでチームを離れることを正式に認めた。


 グロージャンは2016年、チームのF1参戦初年度から、マグヌッセンは翌年からハースで戦ってきた。グロージャンはハースのデビュー戦で入賞、2018年オーストリアGPではここまでのチームの最高位4位を獲得した。マグヌッセンは2018年にハースでの自己最高位5位を2回獲得、コンストラクターズ選手権5位に貢献した。


「最後の章が締めくくられ、この本は完結した」とグロージャンは声明に記している。
「僕はハースF1チームの初日からこのチームに所属してきた。この5年間にはいい時も悪い時もあったが、92戦を戦い、110ポイントを獲得した。この旅をする価値はあった」


「たくさんのことを学び、ドライバーとしてもひとりの人間としても成長することができた。チームのメンバーが改善する手助けができたことを願う。それこそが僕にとって最大の誇りだ。2016年序盤のクレイジーなレースや、2018年オーストリアGPでの4位獲得以上に、誇りに思うことだ」
「チームの今後の活躍を祈る」

ロマン・グロージャン(ハース)
2020年F1第11戦アイフェルGP ロマン・グロージャン(ハース)

 マグヌッセンは「2020年F1シーズンが僕にとってハースF1チームでの最後のシーズンになる」という声明を発表している。


「この4年間、チームと素晴らしい時間を過ごしてきた。最高の旅路だと振り返ることができる」


「新しいチームの一員になるというチャレンジを楽しんだ。それによってたくさんの経験を積むことができ、レーシングドライバーとして成長することの助けになった」


「(チームオーナーの)ジーン(・ハース)、(代表)ギュンター(・シュタイナー)、レースチームのすべてのメンバーが4年間にわたって僕を信頼してくれたことに感謝したい」


「今後のプランについてはまだ検討している最中なので、それについては追って発表するつもりだ」


「今シーズンはまだあと6戦残っている。いい形で締めくくることができるよう、全力を尽くそうと決意している」
「皆さんのサポートに心から感謝する」

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2020年F1第10戦ロシアGP ケビン・マグヌッセン(ハース)

 チーム代表シュタイナーはふたりのハードワークとコミットメントを称え、感謝するコメントを発表している。一方で2021年の新ラインアップについては現時点では明らかにしていない。最近のうわさでは、ルーキーが少なくともひとり、もしかするとふたり加入する可能性があるといわれており、現在FIA-F2で走るニキータ・マゼピン、フェラーリの育成ドライバーであるミック・シューマッハー、カラム・アイロットらが候補であると考えられている。



(autosport web)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号