F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、日本企業『ヤマザキマザック』とパートナーシップを延長。新たに『Buzz & Co』とも契約

2020年3月11日

 マクラーレンF1チームは、工作機械を専門に扱う日本企業『ヤマザキマザック』とのパートナーシップを延長したことを発表した。また、同じく日本企業『Buzz & Co』とも新たにパートナーシップを締結したことが明らかになった。


 ヤマザキマザックは、CNC旋盤などの工作機械を専門とする会社だ。1999年よりマクラーレンとのパートナーシップを結んでおり、チームの公式サイトによると、イギリスのウォーキングにあるマクラーレン・テクノロジー・センターに36台もの機械を提供しているという。


 チームのプロダクションディレクターを務めるピアーズ・シンは、今回のパートナーシップ延長について、「21年もの間テクニカルパートナーの一員であるマザックがマクラーレンとの関係を拡大し、F1オペレーションをサポートし続けているは素晴らしいことだ。これを支援し続けているマザックに感謝する」とコメントを発表している。


 一方新たにパートナーシップを結んだことが発表されたBuzz & Coは、日本企業に投資やマーケティングのアドバイスを提供する企業。マクラーレンの2020年型マシン『MCL35』のリヤウイングのエンドプレート内側にBuzz & Coのロゴが掲出されるとのことだ。


 このパートナーシップにより、Buzz & Coの会長兼CEOである長谷川大祐氏がコンサルタント・シニア・ヴァイス・プレジデントに就任。長谷川氏はマクラーレンの公式サイトでコメントを発表し、「1987年に初めて鈴鹿でグランプリを見たとき、マクラーレンは私のお気に入りのチームでした。彼らには輝かしい過去がありますし、私たちのパートナーシップにはエキサイティングな未来があると信じています」と述べている。




(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サクヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 総集編