2019年F1第8戦フランスGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

ジョビナッツィ「レース前から妥協を強いられたが、競争力を証明できたのでこれを維持したい」アルファロメオ F1フランスGP日曜

6月25日

 2019年F1第8戦フランスGPが行われ、アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは16位だった。

■アルファロメオ・レーシング
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=16位
 ポイント圏外でのフィニッシュになってガッカリだ。ソフトタイヤでスタートした直後は、いい位置にいたんだけどね。

 予選でいいパフォーマンスを発揮した代償を支払ったとも言えるけど、その意味では僕のレースは、事実上スタート前から妥協を強いられていた。ソフトが長くは持たなかったので、かなり早めにピットに入り、レースを完走するためにもう一度ピットストップをする必要に迫られたんだ。

 予選結果が良かったのはポジティブなことだけど、チームにとって重要なのは、やはり最後にポイントを持ち帰ることだからね。できることなら、アルファロメオの「誕生日」をもっといい成績で祝いたかった。

 ただ、競争力があることは証明できたので、この調子を今後のレースでも維持できるといいと思っている。

(Translation:Kenji Mizugaki)