F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ハンガリーGP FP1:メルセデスがワンツー、ペレス3番手。アルファタウリ・ホンダのガスリーは走れず

2020年7月17日

 開幕3連戦最後となるハンガリーGP。この週末3日間のハンガロリンクは、雨模様の天候が予想される。現地時間午前11時から始まったフリー走行1回目(FP1)も、どんよりと雲が垂れ込めている。気温18度、路面温度25度、肌寒い陽気だ。アルファロメオはキミ・ライコネンに代わって、ロバート・クビサがステアリングを握った。


 序盤30分を終えて、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が早々とソフトを履き、1分16秒台のタイムで1−2。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3番手に付けているが、ハードタイヤということもあって2秒落ちの1分18秒台前半に留まっている。雨が降り始める中、ウイリアムズのジョージ・ラッセルがソフトで7番手の速さを披露した。


 その後チームメイトのニコラス・ラティフィが、同じソフトで4番手タイムをマーク。直後にはセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が、ハードでフェルスタッペンをしのぐ3番手タイムを叩き出した。ランス・ストロールも僅差で4番手につけ、レーシングポイントはコースが変わっても好調だ。全20台中ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)だけが、チェック走行もできずノータイム。ホンダレーシングF1のSNSによれば、パワーユニットに異常データが出たためにチェックしているとのことだ。


 開始後50分を過ぎ、各マシンはロングランの確認作業に移った。注目のレーシングポイント2台はともにソフトに履き替え、メルセデスに次ぐ3、4番手。ミディアムに履き替えたボッタスが、1分16秒089で首位に立った。その後はハミルトンが、ハードで1分16秒003を出して首位を奪い返す。路面グリップが向上しているとはいえ、驚異的なタイムだ。


 一方、「このコースは自信がある」と語っていたフェルスタッペンは、ソフトでハミルトンから1.4秒落ちの8番手。アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)も13番手と奮わず、同じソフトのレーシングポイントに並ぶ速さを出せずにいる。


 セッション終盤には再び雨がぱらつき始めたものの、走行にほとんど影響なくセッション終了。メルセデス、レーシングポイントが上位4位を占め、5番手にルノーのダニエル・リカルド。セバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレールのフェラーリ勢が6、7番手につけて、8番手にフェルスタッペン。アルボンは13番手。アルファタウリ・ホンダは、ダニール・クビアトが16番手。ガスリーは結局、1周もできないままだった。



(Kunio Shibata)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号