F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

好調フェラーリがワンツー、中団チームは大混戦【タイム結果】F1第16戦ロシアGP フリー走行3回目

2019年9月28日

 2019年F1第16戦ロシアGP土曜フリー走行3回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手、アレクサンダー・アルボンは7番手となっている。


 昨日の時点で予選日は雨という予報だったが気温21℃、路面温度26℃のドライコンディションでのセッションとなった。しかし、遠くには雨雲が見えている。


 各チーム、インスタレーションラップ後はピットへ戻るがアルボンとランド・ノリス(マクラーレン)は積極的に周回を重ねていく。そんななかソフトタイヤを履いたシャルル・ルクレール(フェラーリ)が1分34秒147でトップタイム。2番手はチームメイトのセバスチャン・ベッテルが続く。


 そんななか、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)がコース上でストップ。クビアトは「エンジンに問題がある!」と無線で叫ぶが正確な原因は不明。母国GPのクビアトは金曜のFP1に続きセッションを棒に振ることになってしまった。


 30分経過時点でバルテリ・ボッタスがトップと0.171秒差で2番手に浮上、フェルスタッペンがミディアムタイヤで3番手に。


 セッションも後半に入りフェラーリ勢がアタックを開始。ベッテルがトップに浮上するも、すぐさまルクレールがトップタイムを塗り替える。


 ルイス・ハミルトン(メルセデス)がセクター3でベストを叩き2番手に浮上、しかしセクター1、セクター2はフェラーリ勢に対して苦戦している。フェラーリ勢は再度アタックを開始しルクレールが1分32秒733でトップタイムを更新、0.316秒差でベッテルが続く。


 セッション残り5分を切ったところでフェルスタッペンがアタックするも、スピンを喫してしまいタイム更新できず。ソフトタイヤでの実際の速さが分からないままセッション終了となった。


■F1第16戦ロシアGPフリー走行3回目

PosNo.DriverTeamTimeLaps
116C.ルクレールフェラーリ1’32.73314
25S.ベッテルフェラーリ1’33.04915
344L.ハミルトンメルセデス1’33.12919
477V.ボッタスメルセデス1’33.35418
533M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’34.22712
68R.グロージャンハース1’34.30817
723A.アルボンレッドブル・ホンダ1’34.37121
827N.ヒュルケンベルグルノー1’34.42113
94L.ノリスマクラーレン1’34.52715
1020K.マグヌッセンハース1’34.54615
1110P.ガスリートロロッソ・ホンダ1’34.56416
123D.リカルドルノー1’34.58614
1355C.サインツJr.マクラーレン1’34.60718
1499A.ジョビナッツィアルファロメオ1’34.76615
1511S.ペレスレーシングポイント1’34.8607
1618L.ストロールレーシングポイント1’34.89816
177K.ライコネンアルファロメオ1’35.71419
1863G.ラッセルウイリアムズ1’36.01118
1926D.クビアトトロロッソ・ホンダ1’36.0814
2088R.クビサウイリアムズ1’36.94219

  



(autosport web)




レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号