F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1バーレーンGP FP1:フェラーリの新鋭ルクレールがトップ。レッドブル・ホンダは5、6番手

2019年3月29日

 2019年F1第2戦バーレーンGP金曜フリー走行1回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。


 例年より1週間早い開催のせいか、日が暮れてからのバーレーンは夏の服装では堪え難いほどに寒い。とはいえFP1の始まる午後2時の時点では気温28℃、路面温度は50℃に達しており、完全に真夏の陽気だ。雲ひとつない快晴で、湿度は15%。やや強い北風が、ストレートでは向かい風となって吹いている。


 日没後に行われる予選・レースとはコンディションが違い過ぎ、路面もまだ汚れている。そのためほとんどのクルマが、チェック走行後はしばらくガレージにこもった。メルセデスのルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスは、開始後10分経ってもまったく走っていない。


 セッションが始まってすぐ、FIAはカルロス・サインツJr.がパワーユニットのICE(エンジン)、ターボコンプレッサー、MGU-H、MGU-Kの4つのコンポーネントを交換したことを発表した。開幕戦決勝レースでの炎上で、当初はMGU-Kのみの交換と報道されたが、やはりダメージは大きかったようだ。


 開始後40分を終えた時点で、フェラーリのセバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレールがソフトタイヤで1−2タイムを形成した。メルセデスはボッタスがコンマ6秒差で3番手、ハミルトンはさらにコンマ15秒遅れて4番手。ただしふたりとも、ミディアムタイヤを履いている。


 レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンが、ソフトで6番手。ハードのピエール・ガスリーは、「全然グリップがない。超オーバーステアだ」と、トップから約3秒落ちの14番手に留まっている。トロロッソ・ホンダ勢は、アレクサンダー・アルボンが7番手、ダニール・クビアトは10番手。いずれもソフトタイヤだ。


 開始後48分。フェルスタッペンが新品ソフトで1分31秒673をマークし、トップに立った。ガスリーもソフトに履き替え、自己ベストを更新。セクター2は総合トップを叩き出したが、全体ではチームメイトからコンマ14秒遅れの3番手に留まった。


 メルセデスもソフトに履き替え、ボッタスが1分31秒328であっさりトップに。ハミルトンは何台もの渋滞に捕まり、最終コーナーでタイムロスしたことも響いたが、それでもフェルスタッペンを抜いて2番手に付けた。


 その後ベッテルが最初に1分30秒台に入り、直後にルクレールがチームメイトをコンマ3秒近くしのぐ1分30秒354のトップタイムを叩き出した。フェラーリ勢は3番手ボッタス以下に1秒近い大差を付け、初日最初のセッションを終えた。トップ6台に次ぐ7番手は、マクラーレンのサインツ。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグ、トロロッソ・ホンダのクビアト、アルファロメオのキミ・ライコネンが続いた。



(Kunio Shibata)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報