F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1オーストラリアGP FP2:トップはメルセデス。レッドブル・ホンダは3-4番手もガスリーにアクシデント発生か

2019年3月15日

 F1開幕戦オーストラリアGP金曜日、FPが行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークし、チームメイトのバルテリ・ボッタスが2番手でメルセデスがワンツーの順位でセッションを終えた。注目のレッドブル・ホンダは3番手、4番手となった。


 オーストラリア、メルボルンの現地時間午後4時からのFP2は、雲ひとつない快晴の下始まった。気温22度、路面温度43度、微風のコンディション。


 セッション序盤はハースの2台が1分24秒台前半タイムで、まずはトップに付ける。すぐにマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が1分23秒後半タイムで首位に立つが、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が全区間を最速で揃え、1分23秒582を叩き出した。


 その後もハミルトンの勢いは止まらず、1分23秒148までタイムを伸ばした。チームメイトのバルテリ・ボッタス(メルセデス)もコンマ3秒差で2番手に。フェルスタッペンは3番手に留まっているもののタイムが伸びず、ハミルトンに約コンマ6秒差をつけられた。


 上位3台は、いずれもミディアムタイヤ。この時点で6番手だったピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)は、ソフトタイヤに履き替えて1分23秒442の自己ベストを出して、3番手に浮上した。同じソフトのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は0.031秒差で4番手、シャルル・ルクレール(フェラーリ)はチームメイトからさらに約0.3秒落ちの8番手と、本来持っているはずの速さが発揮できない。
 
 ベッテルはミディアムタイヤで走行している段階で、すでに「ターン1と4でクルマがおかしい」と、車体のチェックを要求。しかし、ソフトタイヤで走り出してからも、依然として「挙動は不安定」と報告している。


 対照的にメルセデス2台は好調で、ソフトに履き替えたボッタスは早々に1分22秒台に突入。そしてハミルトンはチームメイトを0.048秒しのぐ1分22秒600で、首位をキープした。


 セッション後半までミディアムでのロングランに集中していたフェルスタッペンも、ソフトに履き替えて1分23秒400で3番手に。そのままソフトでの12周のロングランに移行した。


 最終的に初日FP2は、メルセデスが1−2。レッドブルが3、4番手で続いたが、ガスリーは終盤に「パワーがない!」と叫びながら、緊急ピットイン。今のところ、状況はわかっていない。フェラーリはベッテルがハミルトンから0・873秒落ちの5番手。ルクレールはチェッカー直前にターン5でスピンを喫するなどマシン挙動に手こずっている様子で、9番手に終わった。


 中団勢ではアルファロメオのキミ・ライコネンがベッテルからコンマ1秒差の6番手と気を吐き、ルノーのヒュルケンベルグ、ダニエル・リカルドが7、8番手。トロロッソ・ホンダはダニール・クビアト11番手。アレックス・アルボンは17番手だった。

2019年F1オーストラリアGP レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン
2019年F1開幕戦オーストラリアGPの金曜FP2で3番手となったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン




(Kunio Shibata)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報