F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アメリカGP:雨のFP1はハミルトンがトップ、F1デビューのハートレーは14番手

2017年10月21日

 10月20日、現地時間午前10時、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでUSGPのフリー走行1回目のセッションが行なわれた。朝からどんよりと曇が多く時折小雨が降るような天気で、路面はダンプコンディション。気温は19度、路面温度は23度、セッション中の降水確率は20%となっている。 


 路面はダンプで、各車ともインターミディエイトタイヤでインスタレーションチェックを行なう。縁石はまだ完全に濡れていて滑りやすい。セバスチャン・ベッテル、マーカス・エリクソンらが来季導入予定の安全デバイス“ハロ”をテストしている。


 ストフェル・バンドーンが8基目のICE、ニコ・ヒュルケンベルグは5基目のICEとTC、6基目のMGU-Hなど、デビュー戦のブレンドン・ハートレーは6基目のICEとMGU-H、5基目のES、5基目のCEを投入してグリッド降格ペナルティが決まっている。


 セッション開始から10分を過ぎると雨脚が強まり、路面はさらにスリッパリーに。ダニエル・リカルドはターン9出口、ダニール・クビアトに代わって走行のショーン・ゲラエルはターン15の出口、エステバン・オコンはターン19の出口で縁石に乗ってスピンを喫したが、マシンにはダメージなく走行を続けている。ザウバーのパスカル・ウェーレインのクルマにはシャルル・ルクレールが収まってFP1を担当している。


 ピレリは来季に向けたプロトタイプのインターミディエイトを支給しており、各車ともこのタイヤを試してフィーリングを確認していく。フェルスタッペンは「すごく良いフィーリングだ」とそのグリップ感に好評価を与えている。


 40分を過ぎたところでフェラーリ勢がスーパーソフトを履いてコースインするものの「スーパーソフトにはダンプ過ぎる」と走行を断念する。


 同じくスーパーソフトを履いたフェリペ・マッサも「最後のコーナー2つが問題だ」と報告。しかしすぐに路面は乾いていき、50分を過ぎる頃には各車がスーパーソフトやウルトラソフトでの走行を開始した。

2017年F1第17戦アメリカGP トロロッソからF1デビューを果たしたブレンドン・ハートレー

 ハートレーは走行風でヘルメットが持ち上げられてしまう問題に苦しみ、コクピット前方のウインドシールドを修正したりしながらも周回を重ねマシンを習熟していく。


 残り20分を切る頃には再び雨が降りだし、ルイス・ハミルトンはターン11でフロントタイヤをロックさせたり最終コーナーで飛び出したりといった場面も見られた。


 90分間を通してコンディションはほとんど変わらず、トップタイムのハミルトンはスーパーソフトで1分36秒335を記録、昨年のFP1のタイムを約1.1秒上回った。


 2位ベッテル、3位ボッタスは0.6秒前後の差があり、4位フェルスタッペンは1秒差。そこから0.013秒差でバンドーンが5番手につけた。


 なおフェルナンド・アロンソはハイドロ系のリークが発生し、その修理のため3周しか走れないままFP1最初の40分を終え、残り8分でコース復帰を果たしたもののインストレーションチェックのみで走行を終えた。

2017年F1第17戦アメリカGP ルノー移籍後初走行のカルロス・サインツJr.



(Mineoki Yoneya)




レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報