F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】Q&A:経験の浅いドライバーがF1マシンを乗りこなせる理由

2016.04.26

 かつてジョーダンなどのF1チームでテクニカルディレクターを務めていたゲイリー・アンダーソンが、読者からの質問に答える人気シリーズ。今回は気になるホンダの実力、かつてマクラーレンが低迷した理由、キミ・ライコネンが復調した原因など、あらゆる質問が寄せられている。

Q:ホンダ・エンジンは今年中にメルセデスに対抗できるようになると思いますか?

XPB Images


 申し訳ないが、私はホンダがそれほど早くメルセデスと対等に戦えるようになるとは思わない。ホンダはプロジェクトの責任者を交代させているので、何が必要とされていて、それをどう実行するかを新しい責任者が把握するまでには、もう少し時間がかかるだろう。

 パワーユニットの性能をライバルと同等にすることとはまた別の話として、ホンダは各サーキットごとにPUを最適化する方法を学ぶ必要がある。その点でメルセデス(ここではPUの製造者ではなくチームとして)は、マクラーレンを含めた他のどのチームよりもずっと進んでいる。

 また、ホンダは開発の進め方に「揺れ」があるように思える。彼らはあるレースで完走すると、すぐにパフォーマンスの向上に専念し始める。そして、またトラブルに見舞われると、今度は信頼性の確保が至上命令になる。トップレベルに到達するには、その両方を並行して進められるだけの規模を持った組織と、それを支える資金力が必要だ。

Q:あなたはテディ・メイヤー時代末期のマクラーレンで仕事したことがありますね。1978年から80年ごろのマクラーレンは、どうしてあれほど低迷したのでしょうか?

autosport.com




※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP