F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

[TOYOTA]予選の好調を決勝レースへと結びつけられず

2004年10月10日

 第17戦日本GPは、大型台風22号の来襲が懸念され、9日(土)に予定されていた公式練習3回目と4回目、そして、予選のすべてが中止。10日(日)に予選1回目と2回目に続いて、決勝レースが行われることとなった。台風22号は進路をずらしたために、鈴鹿サーキットに被害はなかったものの、金曜日には、完成していたグランドスタンド裏のPRブースは一時避難撤去され、再び日曜早朝から設置が行われ、決勝日を待ちわびた観衆も過去最高の15万6千人が午前9時の予選開始を前にグランドスタンドを埋め尽くした。

午前9時から行われた公式予選1回目は、台風一過とはいえ、前線の影響で未明に降った雨がコースを濡らす曇り空の下、気温24度、路面温度24度、湿度90%のウェットコンディションで始められた。前戦中国GPの決勝レース成績順で、14番目にコースインしたオリビエ・パニスは1分40秒029で5番手。20番目にコースインしたヤルノ・トゥルーリは1分37秒716のトップタイムをマーク。その後、午前10時から行われた決勝グリッドを決める予選2回目は、時折太陽も覗き、路面も乾き始めた中で、予選1回目の計測タイムの逆順でタイムアタック。16番目にコースインしたオリビエ・パニスは、1分36秒420で予選10番手。20番目にコースインしたヤルノ・トゥルーリは、1分35秒213を記録し予選6番手から午後の決勝レースに臨むことになった。

決勝レースを前に天候は回復。青空からは強い太陽が照りつけ、気温28度、路面温度32度、湿度78%と、一気に好転。午後2時半に53周の決勝レースがスタートした。パナソニック・トヨタ・レーシングの2台は、予選6番手のヤルノ・トゥルーリが上手いスタートを切り、5位へ躍進。一方、予選10番手のオリビエ・パニスは、先行車に行く手を阻まれ14位から序盤戦へと挑んだ。しかし、両車ともに、タイヤに苦しみ、パナソニック・トヨタ・レーシングでの初戦となったヤルノ・トゥルーリは、11位でフィニッシュ。このレースでF1GPドライバーとして一線を退くオリビエ・パニスは、14位で最後のレースを締めくくった。

優勝はミハエル・シューマッハー(フェラーリ)であった。


ヤルノ・トゥルーリ
カーナンバー16
シャシー:TF104/10B
決勝:11位 52周/53周
予選2回目:6番手 1分35秒213(トップと1.671秒差)
予選1回目:1番手 1分37秒716
「精一杯戦った結果なので納得している。予選は、とても上手く行き、6番手グリッドを確保出来、スタートでは、5位へと躍進出来た。しかし、レース中にタイヤのグリップレベルが落ちてしまい、クルマのバランスも悪くなり、苦戦を強いられることとなってしまった。私にとって、パナソニック・トヨタ・レーシングでのデビューレースであったが、たくさんの貴重な経験をすることが出来た。この経験こそ、今回、日本GPからTF104Bで出場する大きな目的でもあった」


オリビエ・パニス
カーナンバー17
シャシー:TF104/09B
決勝:14位 51周/53周
予選1回目:10番手 1分36秒420(トップと2.878秒差)
予選2回目:5番手 1分40秒029(トップと2.313秒差)
「結果には満足出来ないが、ベストを尽くした。悪天候から、我々のタイヤ選択も制約を受けることになり、決勝レースでは、タイヤの状態が思わしくなく、攻め切れなかった。しかし、日本のレースファンの前で私の最後のレースを完走出来たことは、とても嬉しい。11年間のレースドライバーを退くことは感慨深いが、この2年間、パナソニック・トヨタ・レーシングと共に活動できたことをチームに感謝したい。また、レースドライバーは退くことになるが、サード・ドライバーとして、2年間の契約を結ぶこととなり、さらに挑戦は続ける」




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報