F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「アルピーヌF1の目標は、遅くとも2022年には優勝すること」とルノーCEO

2021年2月21日

 ルノーのCEOを務めるルカ・デ・メオは、アルピーヌF1チームが遅くとも2022年までには表彰台の常連になり、1勝か2勝は挙げられる状態になることを期待している。


 デ・メオは2020年からルノーの指揮をとっており、グループ内の大幅な戦略的変更を統括してきた。そのなかにはF1チームの名称を、ルノー傘下のスポーツカーであるアルピーヌに変更したことも含まれている。


 今年F1に復帰する2度のF1チャンピオン、フェルナンド・アロンソと、才能に恵まれた若手エステバン・オコンを擁して戦いに臨むアルピーヌの野望は、今年さらに前進を果たし、来年には優勝することであるとデ・メオは言う。


 ドイツの『Frankfurter Allgemeine』のインタビューで、デ・メオはルノーのトップエンジニアたちがアルピーヌに再配置されており、チームが「遅くとも2022年からはテレビや新聞で頻繁に取り上げられ、表彰台の常連になって、レースで1、2勝を挙げられる」ようになることを期待していると語った。

アルピーヌF1マシンの“冬仕様”カラーリング
アルピーヌF1マシンの“冬仕様”カラーリング

 デ・メオはMotoGPのチーム・スズキ・エクスターのチームマネージャーだったダビデ・ブリビオの獲得に尽力した。今年1月、グループ・ルノーは、ルノーF1でマネージングディレクターを務めたシリル・アビテブールの離脱を発表。ブリビオがアルピーヌF1チームに加入し、アルピーヌブランドのCEOローラン・ロッシの直属のレーシングディレクターを務めることが明らかにされた。


「彼(ブリビオ)はスズキでMotoGP世界タイトルを獲得した」とデ・メオは語った。「二輪の世界を去り、四輪に移るわけだが、それは問題にはならない」


「彼は優秀なプロフェッショナルだ。現場の空気感や、緊密に結びついたチームを持つことの重要性を知っており、全員に特定の役割を委ねる。仕事の進め方を熟知しているのだ」


 デ・メオはブランドを強化するものとしてF1を支持している一方で、市販車産業において役立つテクノロジーを開発するF1の能力に関しても信頼を寄せている。
 現在FIAはバイオ燃料の開発を推し進めている。デ・メオはそれにより将来的にはF1がより環境に優しく持続可能なものになると見込んでいる。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年シーズン展望号