F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ストロール「ルクレールがペナルティを受けなかったなんて信じられない」:レーシングポイント F1第10戦決勝

2020年9月29日

 2020年F1第10戦ロシアGPの決勝レースが行われ、レーシングポイントのランス・ストロールは、1周目にターン4の出口でシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触してコース上でストップし、リタイアでレースを終えた。


■BWTレーシングポイントF1チーム
ランス・ストロール 決勝=リタイア
 とてもいいスタートを切って、接触が起きた時点では7番手に浮上していた。トップ10圏外からのスタートでタイヤを自由に選べたから、いいレースをして大量にポイントを持ち帰るのは十分に可能な位置にいたんだ。


 だが、悲しいことに、そういう結果にはならなかった。1周目に右後輪を(シャルル・)ルクレールにヒットされてね。彼がペナルティを受けなかったなんて、信じられない。スペースはたっぷり残していたし、彼が立ち上がりでアウト側に寄ってこなければ接触は避けられたはずだ。僕はコースの端ギリギリのところにいて、もうできることは何もなかった。ひとつの不注意な行動で、好成績のチャンスを台無しにされてガッカリだよ。


 だが、済んだことは仕方がない。次のドイツでいい戦いができるように、気持ちを切り替えるよ。

ランス・ストロール(レーシングポイント)
2020年F1第10戦ロシアGP ランス・ストロール(レーシングポイント)



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号