F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルファロメオF1代表「2021年ドライバーラインアップはライコネンを優先しつつ決定」

2020年9月17日

 アルファロメオF1チームの代表であるフレデリック・バスールは、2021年のドライバーラインアップについて、現在所属するベテラン、キミ・ライコネンが第一候補であり、彼の決断を待ってから来季に向けた決断を下すと語った。


 現在40歳のライコネンは、ルーベンス・バリチェロが持つF1レース最多エントリー記録まであと2戦に迫っている。一方ライコネンは2021年にF1での19年目となるシーズンに乗り出すかどうか、来季のプランをいまだ明かしていない。


 アルファロメオは来季、フェラーリが抱えるジュニアドライバーの受け皿となる可能性もあり、見込みのある候補者も数人いる。しかしチームの計画はまず何よりも、ライコネンによって決まるという。

キミ・ライコネン(アルファロメオC39)
キミ・ライコネン(アルファロメオC39)

「フェラーリのジュニアドライバーもいるが、まず我々にはキミがいる。彼が何をしたいのか、我々が彼と何をしたいのかが分かってから、次のことを決めたいと思う」とバスールは2020年F1第9戦トスカーナGPの週末に語った。


「もし我々全員が協力することに関心を持っており、そのコラボレーションが良いものであるのなら、続ける意味があるだろう」


「キミより経験豊富なドライバーはいない。それはアドバンテージだ。キミを選ぶなら、チームメイトが彼より経験が浅い者になるのは当然のことだ」


 2007年のF1世界王者であるライコネンがレースを辞めることを選択した場合、後任候補として有力なのは、レーシングポイントを去るセルジオ・ペレスと、昨年末でF1シートを喪失したニコ・ヒュルケンベルグであるとみられている。


「チェコ(ペレス)は少なくとも、グリッド上で空きのあるすべてのシートに興味を持っているだろう」とペレスについて尋ねられてバスールは答えた。


「私はまだ動かない。先週かその前に言ったように、我々のドライバーたちと9月の間に来年についての話し合いをする。その後、何をやらねばならないかを、ともに決めることになるだろう」


「現状、大勢のドライバー候補がリストに載っているのは確かだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号