F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ベッテル、突然の指令に応え1ストップを見事遂行「もっと早く言えよ!と思った」フェラーリ【F1第6戦決勝】

2020年8月17日

 2020年F1スペインGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは7位を獲得した。


 11番グリッドからミディアムタイヤでスタートした後、29周目にソフトタイヤに交換し、36周を走ってフィニッシュした。一時5番手を走行していたベッテルは、チームからの突然の提案を受け入れて1回ストップを目指し、徐々にポジションを落としたが、7位を守り切ってフィニッシュした。

2020年F1第6戦スペインGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2020年F1第6戦スペインGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=7位
 今日は他の人たちとは違うことを試して、それがうまくいった。ファーストスティントではミディアムタイヤを履いていたにもかかわらず苦労した。セカンドスティントでは感触がはるかによくなった。そうはいっても、ソフトタイヤでかなりの周回数を走ることになった。


 一時、雨が降る可能性があるという予報が出たので、ソフトでのスティントを引き延ばした。終盤、失うものはない状況だったから、リスクを取って、最後まで行けるかどうか試してみようと決めた。幸いそれがうまくいった。今日の7位は、このマシンによって可能な最大の結果だ。


 これからやるべきことはたっぷりある。今のところこのペースが現実なので、ライバルたちより上でフィニッシュするための選択肢を増やすためには、ある程度リスクを取るしかない時もある。


(レース後の会見で、無線でチームに対して苛立ちを示した時のことについて聞かれ)最後まで走り切れるか、と聞かれた。それで「3周前に言ってほしかったよ!」と答えた。だって、「ターゲットは? どれだけ長く走る?」といったことをチームに尋ねて、それに従ってタイヤの管理をしているんだから。でも「やってみよう」と答えた。


 最後の5周は本当に大変だった。周回遅れになっていてよかったよ。



(autosport web)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号