F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「メルセデスの速さを考えれば、今日は2位が望みうる最高の結果」【F1第6戦決勝】

2020年8月17日

 2020年F1スペインGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位、アレクサンダー・アルボンは8位だった。


■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 今回もマックスはマシンの力を最大限に引き出して走り、メルセデス2台の間に割って入った。今日はメルセデスのレースカーの方が速さがあり、(2位は)我々が望みうる最高の結果だった。


 マックスはいいスタートを決め、スリップストリームを利用して、ターン1の入口で(バルテリ・)ボッタスの前に出た。その後もポジションを維持し、2回ストップ戦略で走るなかで、ルイス(ハミルトン)にプレッシャーをかけ続け、ボッタスの前の位置を維持するために必死でプッシュした。

2020年F1第6戦スペインGP 3番グリッドのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と2番グリッドのバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第6戦スペインGP 3番グリッドのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と2番グリッドのバルテリ・ボッタス(メルセデス)

 アレックスのスタートもよかったが、1コーナーでバルテリの後ろで行き場をなくした。その後、どのタイヤコンパウンドを履いてもデグラデーションに苦しみ、その結果が8位というリザルトだった。今日のレースで得た情報すべてを分析し、3種類のコンパウンドすべてにデグラデーションが起きた理由を理解する必要がある。

2020年F1第6戦スペインGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第6戦スペインGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

 今日もメカニックたちは2秒未満のピットストップ作業を成功させるという、素晴らしい仕事をしてくれた。ハードワークをしてきた皆には、次のスパに向かう前に、今週末ゆっくり休みをとってほしい。



(autosport web)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号