F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1第5戦無線レビュー(2)】逆転で首位浮上のフェルスタッペン「水分とってる? 消毒もしておいてね」

2020年8月13日

 2020年F1第5戦70周年記念GPでは、レース前半からメルセデス勢がタイヤに苦しむ一方、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はブリスターなどにも悩まされることなく順調に走行を続けていた。


 レース後半、ハミルトンのピットインに伴い首位に立ったフェルスタッペンは、ジョークを飛ばす余裕も見せてトップでチェッカーを受けた。一方チェッカー後には、自らのミスを詫びたり、怒りをあらわにするドライバーも。そんな70周年記念GPのレース後半を無線で振り返る。


──────────


 1回目のピットアウト直後にバルテリ・ボッタス(メルセデス)を逆転してトップに立ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。2回目のピットインのタイミングは同じ32周目だった。ふたりともハードに履き替えてピットアウト。両者の位置関係は変わらない。


レッドブル・ホンダ:このタイヤで最後まで走る。残りは20周だ。君の最初のスティントは26周だったから、問題はない


フェルスタッペン:モードは?


レッドブル・ホンダ:モード10

バルテリ・ボッタス(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第5戦70周年記念GP バルテリ・ボッタス(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 一方、フェルスタッペンに対してアンダーカットを仕掛けられなかったハミルトンはステイアウトして、セーフティーカーが自分に有利なタイミングで入ることを期待するしかなかった。しかしセーフティーカーは入らず、逆にブリスターに深刻に悩まされ始める。


ハミルトン:マシンがなんか変だ。左リヤで起きている


メルセデス:了解


ハミルトン:左リヤ、大丈夫?


メルセデス:わかった。とにかく、いまはその状態で少しでも長く走ることに徹してほしい


ハミルトン:わかった。でも、タイヤはブローしないよね?


メルセデス:ただブリスターができて、ペースが落ちているだけだ


 こうなると、レッドブル・ホンダ陣営は無理をする必要がなくなった。暫定トップを走るハミルトンとの差は10秒程度なので、ハミルトンがピットインすれば、余裕で逆転できる。あとは後ろのボッタスのペースを見て走ればいいからだ。


レッドブル・ホンダ:ライバルのペースを見て走るように。ハミルトンとの差を詰めなくていいから


 41周目にハミルトンがピットイン。3番手に後退するも、新品のハードタイヤであっという間に2番手のボッタスに追いつく。


メルセデス→ボッタス:クリーンに戦ってほしい。ただし、スペースは残すように


メルセデス→ハミルトン:自由にレースしていい


 後方でメルセデス同士がバトルしているころ、フェルスタッペンは前戦イギリスGPに続いて、またこんなジョークをとばした。


フェルスタッペン:ちゃんと水分を摂ってる? 今日は手に汗握ったから、ちゃんと消毒もしておいてね


 そして、52周のレースを終えたフェルスタッペンはトップでチェッカーフラッグを受けた。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第5戦70周年記念GP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


レッドブル・ホンダ:やったな、マックス。完璧だった。そして、本当に速かったよ


フェルスタッペン:ハハハッ!! なんていうレースだ。チームもファクトリーもみんなよくやった。この調子でプッシュして行こう。本当に最高の1日だ。それから、ホンダのみんなにも感謝している。ありがとう。今日はすべて完璧だった。だから、今日はお祝いしなくちゃ


ホーナー:信じられないレースだったよ、マックス。完璧に消毒したな。素晴らしいパフォーマンスだった。よくやった


フェルスタッペン:そうだね、消毒に水分補給。でも、今日の僕には水分補給は必要なかったけどね、ハハハッ


レッドブル・ホンダ:1回目のピットストップ直前のラッブタイムは1分31秒0だった。25周も走ったタイヤだったのに……信じられないよ、マックス


フェルスタッペン:ハードタイヤだけど、そんなに硬くなかったからね


レッドブル・ホンダ:タイヤかすをピックアップするのを忘れるなよ


ハミルトン:今日は僕たちの日じゃなかった。しっかりと分析しよう。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第5戦70周年記念GP ルイス・ハミルトン(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 タイヤ管理が難しいレースで、10番手からスタートし、9位でフィニッシュしたランド・ノリス(マクラーレン)はチェッカーフラッグを受けると、まず勝者がだれだったのかを尋ねた。


ノリス:だれが勝ったの?


マクラーレン:マックスが勝った。マックスだ


ノリス:やっぱり、レジェンドだ


 このあと、パルクフェルメに戻ってきたノリスは、フェルスタッペンの帰りを待ち、フェルスタッペンに握手した。


 7番手からスタートしたにも関わらず、チームの戦略によって11位に終わったピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、チームへの怒りを爆発。また10番手を走行中の31周目にスピンして14位に終わったダニエル・リカルド(ルノー)は、自分に落胆するレースとなった。


アルファタウリ・ホンダ:(ピットロード入口で)OK、スローイン、プリーズ。スローイン


ガスリー:なんて****なレースだ。*****。


アルファタウリ・ホンダ:了解。フェイル84。フェイル84


ガスリー:なぜ、あんなに早く1回目のピットインを指示したのか、理解できない。タイヤは問題なかったし、プレッシャーも受けていなかった


アルファタウリ・ホンダ:わかっている


ガスリー:渋滞の中でタイヤがダメになってしまったじゃないか


アルファタウリ・ホンダ:言いたいことはわかっている。ピエール、君の言う通りだ

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第5戦70周年記念GP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)


リカルド:アアア、みんな本当にごめん。なんて****な1日だ


ルノー:わかっているよ、ダニエル。早く立ち直って、来週へ向けて一緒にレースを分析しよう



(Masahiro Owari)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号