F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ハンガリーGPの一件を受けて、FIAがフォーメーションラップ中の無線規制を見直しへ

2020年8月12日

 F1第3戦ハンガリーGPのフォーメーションラップ中にハースF1チームとドライバーらがタイヤ交換に関するやり取りをしたことを受けて、FIAは、フォーメーションラップ中のチームとドライバー間の無線通信について制限を見直すことになった。


 ハンガリーGPのフォーメーションラップでは、ケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンのふたりが、ウエットタイヤからスリックタイヤに交換するために、チームからフォーメーションラップの終わりにピットストップを行うよう指示された。この大胆な戦略によりマグヌッセンは順位を上げることができたが、レース後に彼とグロージャンはふたりとも無線通信規則に違反したとして10秒のタイムペナルティを科された。


 その後ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ふたりのドライバーはどちらもフォーメーションラップの終わりにピットストップしたことでタイム面でのアドバンテージを得ていないため、ペナルティは“適切”ではないと主張した。


 FIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは、FIAがハンガリーGPでハースが陥った苦境について考慮し、その後通信規則の再検討を始めたと語った。


「チームからの要請ではなかったが、これはともに再度調査をし、経緯とどのように発生したのかということを理解するべきケースだと、FIAが積極的に提案した。そのため意志決定プロセスにかかわるすべてのレベルの人々によって議論されることになるだろう」


「必要だと見なされれば、変更が加えられることになる」

2020年F1第3戦ハンガリーGP ケビン・マグヌッセン(ハース)
2020年F1第3戦ハンガリーGP ケビン・マグヌッセン(ハース)


 またシュタイナーは、第4戦イギリスGPの1周目終盤にマグヌッセンに衝突したアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)に5秒ペナルティが科されたことについて、はるかに重大な結果が出たにもかかわらず、処罰が相対的に軽かったと言及した。


「ハンガリーの一件についてFIAと話すことになったが、私はアルボンの件を持ち出すことはしない。それは私にとって価値のあることではない」


「誰もが同じ5秒ペナルティを与えられるのなら、誰かがコース外に押し出されたとしても私はかまわない。一貫性のある対応が取られている限りはそれでよい」


「しかしペナルティが非常に軽いので、ドライバーが他のドライバーをコース外に追いやるかもしれないリスクを彼らは選ばなければならない。だが私はそのようなことはしないし、さらにペナルティを科されることは望んでいない。FIA内の知る必要のある人々にこうしたことを知らせるために、我々はやるべきことをした」

2020年F1第4戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とケビン・マグヌッセン(ハース)が接触
2020年F1第4戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とケビン・マグヌッセン(ハース)が接触



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号