F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャン「風向きが不安定で突風も吹いたが、プッシュできてラップタイムも良かった」:ハース F1第5戦決勝

2020年8月11日

 2020年F1第5戦70周年記念GPの決勝レースが行われ、ハースのロマン・グロージャンは16位、ケビン・マグヌッセンはリタイアに終わった。


■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=16位
 僕にとってはスタートが問題だった。何の操作を間違えたのか自分では分からないので、あらゆる可能性をチェックする必要がある。その後は、比較的いいペースを保てたと思う。


 ただ、当然のことながら、トラフィックの中ではフロントのダウンフォースの多くが失われ、高速コーナーで前のクルマを抜くことはできなかった。「プランB」である1ストップの戦略でいきたかったが、それを実行するには最初のスティントが短すぎた。それでも、ハードタイヤでなるべく長く走ろうと、タイヤをいたわるためにできる限りの努力はしたよ。


 心配していたのは前輪の摩耗だったが、実際には後輪にブリスターが起きた。それに関しては、みんな同じだったと思う。今日は風が強く、しかも時折突風が吹いて風向きが不安定だったけど、僕はプッシュできたし、普通にドライブできてラップタイムも良かった。


 これからの課題は、リヤタイヤの温度が上がりすぎた時に、それをうまくクールダウンすることだ。最終的な結果に見るべきところはないが、レース中のペースは悪くなかった。改善できるのはどこかも分かっている。


ケビン・マグヌッセン 決勝=17位

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2020年F1第5戦70周年記念GP ケビン・マグヌッセン(ハース)

 この週末は、クルマが本来持っているパフォーマンスを発揮できなかった。特に日曜のレースコンディションでは、もっと速く走れるはずなのに、この週末はそれを引き出せなかったんだ。先週日曜のレースで接触があり、フロアなどが壊れて部品を交換したのだが、それらが旧型だったためかもしれない。実際、それ以外の可能性は思いつかない。クルマはこれよりずっと速く走れることが分かっているのだから、僕にはそうとしか考えられない。


 ともあれ、今週末はクルマが機能しなかった。残念なことにね。今回もスタートは文句なしだったから、それをポジティブな記憶として持ち帰り、今後も最高のスタートを続けられるように努めるよ。


 本来であれば、このクルマは予選よりレースでより高い競争力を示すことが分かっている。僕がやるべきことは、これからもいいスタートを決めて、少しでもポジションを上げて戦うことだ。戦い続けることが、僕らの仕事だからね。



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号