F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン「チャンスがあるなら、プレッシャーをかける。それが僕のスタイルだ」/F1第5戦決勝会見

2020年8月11日

 F1第5戦70周年記念GPの決勝レースでは、4番手からハードタイヤで完璧なスタートを決めて3番手に浮上したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。その後もライバル勢がブリスターに悩まされるなか、フェルスタッペンは見事なタイヤマネージメントでトップに立ち、メルセデスに完勝した。


 レース直後に行われた記者会見から、その喜びの声を集めてみた。


──────────


──完璧なタイヤマネージメントでした。驚いていますか?


マックス・フェルスタッペン(以下、フェルスタッペン):そうだね。ここまでは予想していなかった。まず、スタートが良くて、すぐに3番手に上がったことが大きかった。


 最初の数周はメルセデスについていくのは厳しいとわかっていた。でも、その後彼らが2台ともタイヤに問題を抱え出したのがわかった。というのも、彼らは僕よりも軟らかいタイヤを履いていたからね。


 彼らとのギャップを縮め、その後彼らがピットインした。前が開けてからは、自分のペースでレースができたので、最初のピットストップも延ばすことができた。それがこの日の2つめのカギだった。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第5戦70周年記念GP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


 僕の1回目のピットストップは完璧じゃなかった。1輪だけ、少し時間がかかったんだ(レッドブル・ホンダとしては珍しく静止時間は3.2秒)。それでピットアウトしたら、バルテリ(・ボッタス/メルセデス)の後ろに回ってしまった。でも、その時点では僕の方が彼より軟らかいタイヤ(ボッタスはハードに交換して、フェルスタッペンはミディアムに交換していた)だったので、グリップがあり、バルテリをオーバーテイクすることができた。


 それから、僕は彼とのギャップを2.5秒から3秒にキープし、2回目のピットインは同じタイミングで入った。あとはだれが最初にチェッカーフラッグを受けるかになったわけだけど、マシンのフィーリングはすこぶる良く、タイヤはまったく心配なかった。それが最後のポイントになったと思う。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第5戦70周年記念GP バルテリ・ボッタス(メルセデス)&マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)


──そういう状況でレースをしたのは、今回が今シーズン初めてですか?


フェルスタッペン:そうだね。優勝するときは、そういうものだよ。


──今日の優勝で、メルセデスとのギャップは今後縮まりそうですか?


フェルスタッペン:いや〜、それは厳しいね。これはずっと言っていることだけど。今日、僕たちが勝てたのは、すべてがうまく行ったからだ。マシンのバランスは良かったし、タイヤも問題なかった。特にここでは軟らかすぎるタイヤだったにのね。それが大きかった。


 先週がそうだったし、シーズンを通してだいたい1ストップが多いけれど、そういう場所では僕たちはまだペースが(メルセデスに対して)遅い。でも、今日はメルセデスがブリスターに悩まされ、彼らがプッシュできなかったんだ。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第5戦70周年記念GP決勝 ルイス・ハミルトン(メルセデス)のリヤタイヤ


──GP(レースエンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼの愛称)から「タイヤを労わるように」と無線で言われたとき、おばあちゃんみたいにただ座っているつもりはない」と言い返していましたが、あのときすでにレースで勝てると確信していたのですか?


フェルスタッペン:いや、僕はあのときすでにタイヤをマネージメントしていた。でも、彼ら(メルセデス勢)のタイヤが終わっているのがわかっていたので、ただ後ろで待っているのは嫌だった。チャンスがあるなら、プレッシャーをかける。それが僕のスタイルだからね。だから、そうしたまでだ。


 もちろん、そうすることで自らのタイヤをダメにして、レースを台無しにすることもあるとわかっている。でも、今日は違うと確信していた。僕のほうが確実に速かったから。でも、ターン13でルイスに近づいたときはかなり大変だった。それで彼らに接近するのはやめたんだ。そうしたら、彼らがピットインしてくれた。そして、僕のレースが始まった。


──次の第6戦スペインGPに向けてはいかがでしょう。


フェルスタッペン:今日のようなレースができるとは思っていない。というか、誰にもわからないよ。おそらく、タイヤだけが知っている。レースが1ストップの展開になれば、エキサイティングなレースにはならないだろう。2ストップをお願いしたいね。1ストップでずっとタイヤをマネージメントするレースって、つまらないでしょ。プッシュできるレースがしたいね。


 ただ、現実的に僕たちは予選で明らかにメルセデスより遅い。しかも、かなりね。だから、僕たちはまずその問題を解決しなければならない。それと、バルセロナは今回よりタイヤが1ランク硬くなることを忘れてはならない。だから奇跡は起きないだろう。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第5戦70周年記念GP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)&ルイス・ハミルトン(メルセデス)



(Masahiro Owari)




レース

9/25(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/26(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
9/27(日) 決勝 20:10〜


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第10戦ロシアGP 9/27
第11戦ドイツGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦イタリアGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号