F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「メルセデスより古いタイヤのマックスの方が速くて驚いた」【F1第5戦決勝】

2020年8月10日

 2020年F1 70周年記念GP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは自身およびチームにとって今季初優勝を獲得、アレクサンダー・アルボンは5位で入賞を果たした。今回の結果により、フェルスタッペンはドライバーズ選手権でバルテリ・ボッタス(メルセデス)を抜いて2位となり、アルボンは6位、レッドブルはコンストラクターズ選手権で2位を維持している。

2020年F1第5戦70周年記念GP 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー
2020年F1第5戦70周年記念GP 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 マックスが決勝で圧倒的強さを発揮し、チームにとって素晴らしい一日になった。予選でリスクを冒し、ハードタイヤでスタートすることを決めた。マックスはファーストスティントで素晴らしいレースペースを発揮し、それをうまくチャンスにつなげた。


 驚いたことに、メルセデスが新品タイヤに履き替えた後でも、ユーズドのハードを履いた我々の方がペースがよかった。これは心強い出来事だ。その後、戦略を切り替え、ミディアムに交換、ボッタスのすぐ後ろでコースに復帰した際には、マックスはほんの数コーナーでボッタスの前に出てみせた。マックスはその後、ハードタイヤに交換して最後まで走ってボッタスをカバー、そのころにはキャリア9勝目に向かって、すべてをコントロールしていた。


 アレックスは何度か見事なオーバーテイクを成功させ、今回も非常に強力なレースをした。コプスのアウト側から前に出たことが、5位という素晴らしい位置でフィニッシュすることにつながった。


 今日1位と5位を獲得したことで、コンストラクターズポイントを大量に稼ぐことができた。また、マックスはドライバーズ選手権で2位に上がった。


 この勝利は、サーキットやファクトリーで働く人々、ホンダのスタッフといったチーム全員の多大なる努力の賜物である。我々は大きく前進し、正しい方向に進んでいることを確認できた。このポテンシャルを活用し、さらに前へと進まなければならない。次のバルセロナ戦が楽しみだ。熱いレースになることを期待しよう!



(autosport web)




レース

9/25(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/26(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
9/27(日) 決勝 20:10〜


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第10戦ロシアGP 9/27
第11戦ドイツGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦イタリアGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号