F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第5戦70周年記念GP予選トップ10ドライバーコメント(2)

2020年8月9日

 2020年F1第5戦70周年記念GP予選でポールポジション〜5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。


■ルノーDPワールドF1チーム
ダニエル・リカルド 予選=5番手

ダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第5戦70周年記念GP ダニエル・リカルド(ルノー)

 5番手は僕らにとって素晴らしい結果だと思うので、とても満足している。とてもいいラップを走った。マシンの限界までプッシュして、今日はほとんどすべてを引き出すことができたと思う。後悔とか、チャンスを逃したような感覚は一切ない。レースに向けて、良い位置につけることができた。ミディアムタイヤをうまく使えたことにも満足だ。


 明日のレースは面白くなるだろうし、戦略も分かれる。僕らのマシンはレースで強さを発揮してくれる。でも、日曜日にチャンスを得るためには、予選でもっと上に行く必要があるね。明日はベストを尽くし、力をすべて出し切るつもりだ。


■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=4番手

2020年F1第5戦70周年記念GP 予選後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)、ダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第5戦70周年記念GP 予選後のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)、ダニエル・リカルド(ルノー)

 4番手スタートというのは完璧とはいえないが、僕より上位のマシンは速かった。Q3では風の状態が変化したことでバランスが崩れ、対応するのが楽ではなかった。


 決勝をハードタイヤでスタートすることにこだわった。今週末は(先週のイギリスGPより)一段階ソフト寄りのコンパウンドに変更されたため、ここでのミディアムは先週のソフトに当たる。このタイヤは決勝ではあまりよくなかったし、今週末の方が気温が高い。だからいい選択をしたと思っている。ハードタイヤでQ3に進めるかどうかだけが問題だったけれど、無事に通過できた。


 ハードタイヤでスタートすることで明日何がもたらされるのかは分からない。1周目がどういう展開になるのか、セーフティカーが出動するのかに左右されるだろうが、プラスに働くといいね。少なくともトップ10の他のドライバーたちとは違う戦略で走ることになる。


 レースは長いし、僕らの場合、通常(予選よりも)レースペースの方が優れているので期待している。僕らにはメルセデスのような予選モードがないんだ。


 スタートをクリーンに決めて、そこからいいレースをしたい。目標はいつもと同じ、表彰台だ。


(セルジオ・ペレスの代役で出場し予選3番手を獲得したニコ・ヒュルケンベルグについて語り)ニコは本当によかったね。速さを見せつけるチャンスをつかんだ。


(予選後の会見で語り)ハードタイヤでスタートすることによって、スタートの蹴り出しで少しロスするかもしれない。それでも全体的に見るとファーストスティントは(ハードでの方が)うまくいくと思っている。先週、(ミディアムタイヤでの)僕のスタートは、周囲のソフトを履いたマシンと比べて、悪くなかった。だから明日もまたうまくやればいい。正直言って、後ろのグループに悩まされることはないと思っている。


■BWTレーシングポイントF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=3番手

ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)
2020年F1第5戦70周年記念GP ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)

 先週復帰することになってからいろんなことが起きて、本当にとんでもない一週間だった。その後で、3番グリッドから決勝にスタートできるなんて、なんて素敵なクライマックスだろう!


 先週走ったことは、今週末の準備として役に立った。それでも今日の予選は大きな挑戦だったよ。Q2では自分で自分の首を絞めるようなことをしてしまい、もしかしたらマシンにダメージがあるかもしれないと思った。でもQ3進出を決めた後は、冷静に全力を注いで、最高のラップタイムを出すことに集中するだけだった。


 今は満面の笑みを浮かべているけれど、まだ土曜日だ。本当に重要なのは明日なんだ。(今年になってから)レーススタートの動きを経験していないし、しばらくホイール・トゥ・ホイールの戦いもしていない。マシンについても学習の最中だから、レースは大きな挑戦になる。それでも強力な結果を確実につかむために全力を注ぐつもりだ。この予選結果を喜んではいるが、気持ちはレースに集中しているよ。


■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
ルイス・ハミルトン 予選=2番手

2020年F1第5戦70周年記念GP 予選後のバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第5戦70周年記念GP 予選後のバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトン(メルセデス)

 今日はバルテリが素晴らしい仕事をした。彼はQ3の重要な場面で素晴らしいラップを走ってポールを取ったんだ。


 僕に関しては、Q3最初のラップはよかったが、2回目のアタックラップはそれほどいい出来ではなかった。うまくまとめあげることができず、終盤、いくつかミスをした。その代償を払ったわけだ。


 今日はコース上の風向きが変わったことによって、少し苦労した。でもそれは誰にとっても同じことだから、言い訳にはならない。


 このコースでは他のマシンの後ろについて走るのが楽ではないけれど、ソフト寄りのタイヤ選択と気温の高さによって、明日、チャンスが生まれることを願っている。エキサイティングなレースになるはすだ。


 どの部分を改善できるか、今夜は懸命に仕事にあたる。明日はバルテリを倒すために全力を注ぐよ。


(予選後、Sky Sportsに語り)結局は僕がいい仕事ができなかったということだ。でもかなり僅差だし、別に世界の終わりというわけじゃない。バランスの面で少し苦しみ、1周を完璧に決めるのが簡単ではなかった。昨日の方がずっとうまくいっていた。


 少し違うセットアップにしたから、それが明日、どう機能するのか確認してみよう。


■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
 ポールを取ることができて、ものすごくうれしい。このとても速いマシンをドライブできるのは名誉なことだ。こういう展開の予選は大好きだよ。すごく楽しかった。


 先週末のセッティングに微調整を加えて、その結果、パフォーマンスが大幅に改善した。Q3での2回目のランで、さらにタイムを縮めるチャンスがあると分かっていた。各セクターをうまくまとめ、自分からもマシンからもすべてを引き出すことができた。


 今週末使用しているコンパウンドでは1回ストップは難しいだろう。チームは明日に向けてあらゆる選択肢について調べてくれるはずだ。レースペースは優れているから、先週末のようにいいスタートを決めてレースを始めたい。


 レースに向けていいポジションを手に入れたが、ポイントが与えられるのが日曜日であることも承知している。


(予選後の会見で語り)先週末から今週末にかけて、マシンを改善するためにあらゆる部分に取り組んできた。同時にドライバー側も、パフォーマンスを上げるために努力したんだ。それでセットアップとドライビングに関し、少しパフォーマンスを見つけることができた。先週末は予選で少し足りない部分があった。方向性の部分でね。今、予選と決勝の両方に関して最適化されたのではないかと思う。



(autosport web)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号