F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【気になる一言(1)】レーシングポイントF1の違反裁定に納得いかず「これは技術的な問題だと思う」

2020年8月8日

 第5戦70周年記念GP金曜日のFIA会見の第1部に登場したのは、トト・ウォルフ(メルセデス代表)、シリル・アビテブール(ルノー/マネージングディレクター)、フレデリック・バスール(アルファロメオ代表)の3人。このなかで多くの質問が寄せられたのが、ウォルフとアビテブールだった。


 理由は、記者会見が行われたこの日、フリー走行開始直前にFIAがレーシングポイントのマシンの合法性に関するルノーの抗議を認め、レーシングポイントに対して40万ユーロ(約5000万円)の罰金と、15ポイントのコンストラクターズ選手権ポイント減点処分を科したからだ。


 アビテブールは抗議していたルノーのマネージングディレクターで、ウォルフ率いるメルセデスは抗議を受けてFIAから2019年のブレーキダクトに関するデータを提出していた。

ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)
2020年F1第5戦70周年記念GP ニコ・ヒュルケンベルグ(レーシングポイント)


 まず、会見で最初に記者からの質問を受けたのは、ウォルフだった。それは「今回の裁定では、あなたたちのチームが今年1月6日にCADデータを少なくとも10回(レーシングポイントと)共有していると判明したが、どのように関わっていたのか」という質問だった。


 レギュレーションにはリステッド・パーツ(リストに掲載されているパーツ)と呼ばれるものがあり、このリストに挙げられているものは、それぞれのコンストラクターが独自に設計・製造しなければならない。そのリストに昨年まではブレーキダクトは含まれておらず、ギヤボックスなどと同様にワークスチームからカスタマーチームに供給することができていた。


 しかし、今年からブレーキダクトはリステッド・パーツに含まれた。にもかかわらず、メルセデスとレーシングポイントの間で、ブレーキダクトに関するデータの共有が今年の1月6日に行われていたということで、FIAは今回のレーシングポイントのケースはレギュレーション違反だと判断したというわけだ。


 この質問にウォルフは次のように答えた。


「我々メルセデスは自分たちの立場に関して、100%満足している。FIAの裁定を何度も読み返したが、これは非常に複雑で、ある意味、我々にとってこれは新しい解釈とも言える」


「我々は2019年に(レーシングポイントに)特定のデータを提供した。もちろん、これは完全にルールの範囲内だった。今年の1月6日の(ブレーキダクトに関するデータ共有)は、大きな影響を与えるものではない。なぜなら、ほとんどのデータはそれよりもかなり早い段階で供給を済ませていたからね。したがって、レーシングポイントと我々は、我々が行ったことはレギュレーションの範囲内であると考えている」

トト・ウォルフ(メルセデス チーム代表)
2020年F1第5戦70周年記念GP金曜会見 トト・ウォルフ(メルセデス チーム代表)


 その後、ウォルフは「これは哲学の問題だ」と語り、今回の騒動に関して、独演会とも思える長いコメントを語り出した。


「あるチームのマシンが、ほかのあるチームのマシンとそっくりになることは、双方にメリットがある。彼らにとっては我々のテクノロジーでフロントランナーになることができ、我々にとっては通常であれば、収益化できないテクノロジーの一部を収益化することができる。まさにウィン・ウィンの関係だ」


「もちろん、この哲学に賛同できないと考えている人たちもいるし、彼らの意見を私は尊重する。しかし、それはレギュレーションでは禁止されていない。今回の状況は、特別なケースだった。それはリステッド・パーツでなかったものが、あのときからリステッド・パーツになったために発生した問題だ。だから、我々はまったく心配していないし、レーシングポイントにも違反があったとは思っていない」


 これを横で聞いていたアビテブールにも意見が求められた。アビテブールは、「裁定には満足している」と言いつつも、100%納得しているようではなかった。


 なぜなら今回の裁定に関しては、リステッド・パーツの変更がテクニカル・レギュレーションではなくスポーティング・レギュレーションに掲載されているため、スポーティング・レギュレーション違反となり、技術的にはレーシングポイントのブレーキダクトはレギュレーションに合致していると判断された格好となったからだ。


 もしテクニカル・レギュレーション違反であれば、該当するレースで獲得したポイントは失う。最近では2018年のイタリアGPで、ハースのロマン・グロージャンが6位でフィニッシュしながら、レース後にルノーからの抗議を受け、失格となった。


 したがって、テクニカル・レギュレーション違反だった場合、レーシングポイントは少なくとも抗議を受けた第2戦シュタイアーマルクGPからイギリスGPまでの3戦分のポイントをすべて剥奪され、かつこの70周年記念GPからレギュレーションに合致した仕様に変更しなければならかった。


 しかし、スポーティング・レギュレーション違反となったために、今後のレースでもレーシングポイントは同じブレーキダクトを使用したとしても戒告のみで罰則は科されない。


 アビテブールは言う。


「複雑な問題であることは認めるが、これは技術的な問題だと思う。そして、彼らが得た技術的なアドバンテージをシーズンを通して享受することは議論の余地があると思う」


「なぜなら、ブレーキダクトの開発には空力開発の20%の時間が費やされ、空力開発はATR(空力テスト削減)によって、かけられる時間が短くなっているんだから。ただ、裁定を来年まで待つことなく、迅速に下した関係者の努力に対しては敬意を払っている」


 果たして、この論争は裁定が出たことで幕引きとなるのか。それとも、新たな論争へと発展するのだろうか。

シリル・アビテブール(ルノー マネージングディレクター)
2020年F1第5戦70周年記念GP金曜会見 シリル・アビテブール(ルノー マネージングディレクター)



(Masahiro Owari)




レース

9/25(金) フリー走行1回目 17:00〜18:30
フリー走行2回目 21:00〜22:30
9/26(土) フリー走行3回目 18:00〜19:00
予選 21:00〜
9/27(日) 決勝 20:10〜


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第10戦ロシアGP 9/27
第11戦ドイツGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦イタリアGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号