F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「最後のタイヤ交換をしなければ、フェルスタッペンは走り切れなかったかもしれない」【F1第4戦決勝】

2020年8月3日

 2020年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位、アレクサンダー・アルボンは8位だった。


■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 不運にも勝利を逃したという見方をする人たちもいるだろうが、私としてはメルセデスを祝福したい。彼らのマシンは圧倒的に強かった。今回はルイス(・ハミルトン)に運が味方し、彼が優勝したが、マックスは2位とファステストラップを獲得した。予選でのメルセデスとのギャップを見ると、これは素晴らしい結果だ。


 マックスは非常に成熟したレースをし、マシンの力をすべて出し切り、ミスもしなかった。エンジニアのことを考えて、水分補給をするよう促す余裕すらあった。セクタータイムを更新しながらだ!


 レース終盤、マックスのタイヤはあまりいい状態ではなかった。(バルテリ・)ボッタスのタイヤがパンクしたことから見て、マックスが最後まで走り切れる保証はなかった。そのため、新しいタイヤに履き替えたのは賢い判断だったと思う。


 我々は、バルテリの不運によって順位が上がったことに感謝すべきだと思うので、この結果には満足だ。


 アレックスも素晴らしいレースを走った。他車と接触し、ペナルティを受け、最後尾まで落ちながら、見事なオーバーテイクを何度か決めて、8位まで挽回した。(ケビン・)マグヌッセンとの接触は、レーシングインシデントだと私は思う。ケビンがミスをしてコースからはみ出したから、アレックスは仕掛けに行き、それで接触した。とはいえ5秒加算ペナルティはおそらく公平なものなのだろう。

2020年F1第4戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とケビン・マグヌッセン(ハース)が接触
2020年F1第4戦イギリスGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とケビン・マグヌッセン(ハース)が接触

 ハンガリーの後、我々チームは進歩している。今日はレースでは何が起こるか分からないということが証明された。これからも作業に励み、前にいるライバルにプレッシャーをかけ続けなければならない。



(autosport web)




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号