F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

コロナ感染再拡大でF1スペインGPに懸念。主催者は「対策は万全」と開催に自信

2020年7月24日

 8月中旬に開催予定のスペインGPだが、スペインでは再び新型コロナウイルスの感染者が急増している。はたして無事に、開催にこぎ着けられるのだろうか。


 スペイン・カタルニア州、中でも州都バルセロナでのコロナウイルス感染者の急増が、8月のスペインGP開催に暗い影を落とし始めている。カタルニア自治政府はバルセロナ市民に対し、2週間の外出自粛を要請した。経済的ダメージを考え、以前のような法的強制力のあるロックダウンは控えたものの、10人以上の集会を禁じ、コンサートや演劇、スポーツイベントの開催の多くが延期されている。

2019年F1スペインGP 地元出身のカルロス・サインツJr.を応援する大勢のファン
2019年F1スペインGP 地元出身のカルロス・サインツJr.を応援する大勢のファン

 となるとスペインGPの開催にも、疑問符が付くところだ。それに対し主催者側は、「開催に問題はないと認識している。カタルニアサーキットはバルセロナの都市部から離れたところにあり、感染対策も万全だ」とコメントし、中止の観測を打ち消すのに躍起だ。


「開催準備は、予定どおりに進んでいる。自治州政府の要請に、サーキットのある地域は含まれていないしね。そもそも要請のあるなしにかかわらず、われわれはリバティメディアとFIAの協力を得て、考えうる最も厳格な防疫対策をサーキットに敷く計画だ」


 しかしカタルニア州の感染拡大が止まらない場合、現在の自粛要請が外出禁止に切り替わる可能性がある。そうなるとスペインGPは、中止を余儀なくされるだろう。その場合、前週まで連続開催予定のシルバーストンで、そのまま3週目のレースを行うのが最も現実的なオプションとなる。だがレースサイト『RaceFans』によれば、現時点ではその議論は行われていないとのことだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

12/4(金) フリー走行1回目 22:30〜24:00
フリー走行2回目 26:30〜28:00
12/5(土) フリー走行3回目 23:00〜24:00
予選 26:00〜
12/6(日) 決勝 26:10〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号