F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェラーリF1のビノット代表に早くも更迭の噂。すでに後継者の名前も

2020年7月15日

 フェラーリのF1第2戦シュタイアーマルクGPは、スタート直後の同士打ちで2台リタイアという最悪の結果に終わった。すると地元イタリアのF1メディアからはさっそく、マッティア・ビノット代表のシーズン中の更迭が報じられた。記事には後任の名前まで具体的に挙げられており、単なる推測では片づけられない真実味も感じられる。


 フェラーリが不調に陥ると、イタリアのメディアは容赦のない攻撃を浴びせる。それ自体は、全然目新しい話ではない。今回標的となったのは、チーム代表とテクニカル・ディレクターを兼任するマッティア・ビノットだった。同国を代表する夕刊紙コリエーレ・デラ・セーラのダニエーレ・スパリシデ記者は、以下のようにビノットを断罪した。


「この12カ月というもの、ビノットは技術開発よりも政治闘争にうつつを抜かしていた。その成果はと言えば、将来のフェラーリに絶対的に不利となる年間予算制限と、技術レギュレーションの大幅な改悪だった。さらにビノットは去年のパワーユニット(PU/エンジン)に関して、FIAとの間で密約があったことまでバラされてしまった」


「そして肝心のSF1000は、難破船となってしまった。レッドブルリンクで行われた2連戦での惨状は、原因がはっきりしている。はるかに強力なパワーを有した昨年仕様のパワーユニットを基に、車体と空力の開発を行ったからである。ビノットはチーム代表の仕事にかまけて、開発上の致命的なミスを犯したのだ」


 そしてスパリシデ記者は、こう断言する。「もし9月のイタリアGPまでに顕著なパフォーマンスの向上が見られなければ、フェラーリのジョン・エルカン会長、ルイ・カミエーリCEOによって更迭されるだろう」と。


 これに関してはガゼッタ・デロ・スポルトが、具体的な後継者の名前を挙げている。フェラーリGT部門を統括するアントネロ・コレッタである。現在53歳のコレッタはマラネロにも長く在籍し、誰よりも巧みにこの組織を動かせる人材だと、ガゼッタは評価している。

フェラーリGT部門を統括するアントネロ・コレッタ
フェラーリGT部門を統括するアントネロ・コレッタ



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ Kunio Shibata)




レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号