F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルノーF1が“ピンク・メルセデス”レーシングポイントRP20に正式抗議。FIAがW10との類似性を調査へ

2020年7月13日

 2020年F1第2戦シュタイアーマルクGP決勝終了後、ルノーがレーシングポイントの今季型マシンRP20の合法性に関し、抗議の正式な手続きを取った。RP20には2019年のタイトル獲得マシンであるメルセデスW10との類似点が多いことに、一部チームは不満を示している。


 RP20はテストから速さを見せ、レーシングポイントは“トップ3チーム以外のトップ”に浮上するものと予想された。実際、グランプリでも強さを見せ、第2戦シュタイアーマルクGPでは、セルジオ・ペレスが6位、ランス・ストロールが7位を獲得した。


 ルノーは、RP20のフロントおよびリヤのブレーキダクトに関して違反の疑いがあるとして抗議を行った。レーシングポイントが、コンストラクターが自ら製作することを義務付けられた「リステッドパーツ」に関する違反を犯していると、ルノーは考えている。


 スチュワードは両チームの代表者、FIA技術部門代表者から話を聞いた結果、ルノーの抗議はFIA国際モータースポーツ競技規則に定められているすべての要件を満たしており、受け付け可能なものであるとの結論を出した。


 FIA技術部門代表者が2台のマシンの関連パーツを押収、今後、詳細な調査を行うという。スチュワードは、比較のため、メルセデスに対してW10の同様のパーツを提出するよう求めた。

メルセデスの2019年型マシンW10
メルセデスの2019年型マシンW10

 FIA技術部門は調査結果をスチュワードに報告し、次回審理の日程が決められることになる。



(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号