F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:フェラーリ勢の苦戦が目立ったオーストリアGP予選。失速が続けば規則違反への疑い再燃も

2020年7月5日

 予選後に開かれた上位3人の会見で、フェラーリの不振が話題にあがったが、レッドブルリンクで不振を極めたのはワークスのフェラーリだけではない。記者が指摘したように、フェラーリ製パワーユニット(PU)を搭載するアルファロメオとハースも含めたフェラーリPU勢が軒並み、予選で失速した。


 いかにフェラーリPU勢の失速が顕著だったのかは、昨年と今年の予選タイムを比較した以下のギャップを見るとわかる(2019年と2020年で同じチームに在籍したドライバーに限定。↑はタイムアップ。↓タイムダウン)。


メルセデスPU
ハミルトン ↑0.311秒
ボッタス ↑0.598秒
ペレス ↑0.921秒
ストロール ↑0.803秒
ラッセル ↑0.737秒


フェラーリPU
ベッテル ↓0.539秒
ルクレール ↓0.920秒
ライコネン ↓1.058秒
ジョビナッツィ ↓0.996秒
グロージャン ↓0.201秒
マグヌッセン ↓1.092秒


ホンダPU
フェルスタッペン ↓0.038秒
クビアト ↑0.893秒


ルノーPU
ノリス ↑0.473秒
サインツ ↑0.482秒
リカルド ↑0.551秒


 すると見事にフェラーリPU勢のみが、失速していることがわかる。ただし、この結果からフェラーリPU勢が失速した理由が、パワーユニットだけと結論づけるのは早計だ。というのも、ホンダもフェルスタッペンが「バランスが完璧じゃなかった」と言って、昨年よりタイムを若干落としているからだ。


 しかし、その落ち幅がドライバーによっては1秒以上あることを考えると、フェラーリPU勢だけの新車が失敗作だったり、今回のオーストリアGPでセットアップが間違っていたとは考えにくく、そこにはパワーユニット由来によるなんらかの失速が存在しているのではないかと考えるのは自然だろう。


 オーストリアGPの次は同じレッドブルリンクでシュタイアーマルクGPという名で2週連続でレースが行われる。1戦目のデータを元にマシンをしっかりとセットアップして臨むシュタイアーマルクGPでも、フェラーリPU勢だけが失速すれば、2019年にフェラーリに向けられたPUへの疑念はますます強くなるだろう。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2020年F1第1戦オーストリアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
2020年F1第1戦オーストリアGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

2020年F1第1戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)
2020年F1第1戦オーストリアGP キミ・ライコネン(アルファロメオ)

ロマン・グロージャン(ハース)
2020年F1第1戦オーストリアGP ロマン・グロージャン(ハース)

ケビン・マグヌッセン(ハース)
2020年F1第1戦オーストリアGP ケビン・マグヌッセン(ハース)



(Masahiro Owari)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号