F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、サインツJr.の加入は挑戦だと語る「フェラーリF1でナンバー1になるつもりはない」

2020年5月26日

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、2021年シーズンよりカルロス・サインツJr.がフェラーリに加入することで、“これ以上ない挑戦”に挑むことになると考えており、将来のチームメイトのことを“素晴らしいドライバー”と評した。


 今シーズン末でセバスチャン・ベッテルがフェラーリを離脱するという最近のショッキングな発表に続き、サインツJr.が彼の後任としてフェラーリ入りするというニュースが流れた。


 多くの人々が25歳のサインツJr.はかなりの重責を負うことになると考えている。また、ルクレールは2019年シーズンにはベッテルを凌駕してフェラーリで優位なポジションを得ており、サインツJr.にとって手ごわい相手となることは想像に難くない。


 それでもルクレールは、2020年に自身がナンバー1ドライバーになることを否定している。ルクレールは、サインツJr.はすぐに本物の脅威となり、戦わなければいけない相手だと主張した。


「僕はフェラーリでナンバー1ドライバーになるつもりはない」とルクレールはフランスの日刊紙『L’Equipe』に語った。


「カルロスは素晴らしいドライバーだと思う。その点をまだ分かっていない人がいるのなら、2021年に彼はフェラーリでそのことを証明してみせるだろう。僕にとっては素晴らしい挑戦になるよ」


 昨年、ルクレールとベッテルは互いに対立したものの、ルクレールは4度のF1世界チャンピオンのベッテルから知識を学び、彼のことを繰り返し称賛していた。


「彼はたくさんのことを教えてくれた。彼を安定したパートナーとして持つことができて、僕は自分が幸運だったと思う。彼は非常に経験豊富なドライバーだからね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP