F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1イギリスGPの夏開催が実現か。ジョンソン首相が救済に動く

2020年5月26日

 イギリス政府の新型コロナウイルス対策により、2020年F1イギリスGPの開催が危ぶまれていたが、ボリス・ジョンソン首相が救済の手を差し伸べるべく動いていると報じられた。


 F1は現在、改訂版カレンダーの作成に取り組んでおり、7月5日と12日のオーストリアでシーズンをスタートし、7月26日と8月2日にイギリス・シルバーストンで2連戦を開催するプランを立てている。しかし、イギリス政府がパンデミックの第二波を防ぐため、6月8日以降、入国者を14日間隔離することを決め、先週発表した免除の対象者リストにスポーツ関係者が含まれていなかったことで、シルバーストンでのグランプリ開催が困難な状況になった。


 F1のスポークスパーソンは、この隔離措置が適用される場合、シルバーストンでレースをするのは不可能であるとして、政府と交渉を行っていくと述べていた。

2019年F1イギリスGPスタート
2019年F1イギリスGPスタート

『The Times』によると、その交渉は前向きに進んでいるようだ。5月25日、同紙は、ジョンソン首相が閣僚たちに対して、シルバーストンでの無観客の2連戦実現のために動くよう指示したと伝えた。


 一方で、隔離措置の免除が認められない場合には、イギリスGPの日程を予定よりも遅らせて開催の可能性を探ると、シルバーストン・サーキットのマネージングディレクターを務めるスチュアート・プリングルは述べている。


「カレンダーには柔軟性を持たせている。当初は7月中旬から下旬の開催について話し合ったが、8月中の開催についてもある程度の融通が利く」とプリングルは『Sky Sports』に対してコメントした。


「2回のF1開催のための日付を見つけ出すことは問題にはならないだろう。我々に必要なのは、政府からの承認だ。それを得るにはある程度時間がかかる」


「8月開催に移せば、多少確実性が高まるかもしれない。いずれにしても事前に隔離措置についての状況を確実に把握する必要がある」



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP