F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ドイツGP、予定外の復活に意欲。黄信号のイギリスGPの代替として交渉中

2020年5月21日

 2020年夏に予定されているF1イギリスGPの開催が不可能になった場合、ドイツのホッケンハイムがグランプリを実施することになるかもしれない。


 新型コロナウイルス感染拡大により、最初の10戦を延期あるいは中止とせざるを得ず、F1は現在変更版カレンダーの作成にあたっている。7月5日と12日のオーストリアでの2連戦でシーズンをスタートすることが現在の目標で、その次にはイギリス・シルバーストンで2連戦を行うプランとなっている。


 しかしイギリス政府は入国者に14日間の隔離期間を置く予定であり、F1関係者がその措置の免除の対象として認められない場合、イギリスGP開催は難しくなる。

2019年F1イギリスGP決勝日グリッド
2019年F1イギリスGP決勝日グリッド

 イギリスGP開催が不可能となった場合、代替イベントの候補とされているのは、ホッケンハイムでのドイツGPだ。ホッケンハイムでは2019年にグランプリが開催されたが、今季の契約については合意に至らず、カレンダーから脱落していた。


 ホッケンハイムのマネージングディレクター、ヨルン・テスケは、4月末にF1との交渉を認める発言をしており、今週、その話し合いが前に進みつつあると示唆した。


「現在、F1と協議中である。それは事実だ」とテスケはロイター通信に対してコメントした。


「我々のサーキットで観客を入れずにレースを行うという案について話をしている。日程や法的な全般的な問題に関し、それが可能かどうかの確認作業もすでに行っている。我々にとって、これはひとつの選択肢である」


 テスケは、ホッケンハイムでF1を開催するのかどうかの判断を早めに知る必要があると述べている。F1がスケジュールに入らない場合、収益を得るために他のイベントを開催する予定だという。


「何カ月も話が保留されることを避けることが重要だ。サーキット使用の予約を入れなければならないし、需要は非常に高い」
「F1側は我々の状況を理解している。これからどうなるのか、見ていくことになるが、決定を左右する最も大きな要素は、イギリスでの隔離措置がどうなるかだと思う」



(grandprix.com/autosport web)




レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報