F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「2020年F1は非選手権イベントとして開催するほかない」と元王者ジャック・ビルヌーブ

2020年4月6日

 1997年のF1世界チャンピオンであるジャック・ビルヌーブは、F1は2020年シーズンをキャンセルし、再びレースをするのに安全な状況になった際に非選手権レースを開催するべきだと考えている。


 F1はコロナウイルス感染症のパンデミックの渦中で8戦を延期あるいは中止としている。最も早くて6月14日のカナダGPで開幕する可能性があるが、それを実現するのは難しいと考えられている。


 モントリオールでのカナダGPは中止になる可能性があり、その後のフランスGPとオーストリアGPも開催危機に晒されている。7月19日にシルバーストンで開催が予定されているイギリスGPについては、主催者が今月末に開催可否の最終的な判断を下すという。


 現在、世界中で厳しい外出規制が敷かれており、それが解除されてからシーズンをスタートできるようになるまでにかかる時間を考慮すると、F1にとっては9月より前にレースを開催するのは難しいと、ビルヌーブは予想している。


「パンデミックが終息し、世界が通常の状態に戻り、グランプリが開催できる状況になったとしても、レースの準備をするのに時間がかかる」とビルヌーブはフランスの放送局『Canal Plus』に語った。


「カレンダー最初のグランプリは9月に開催されることになるだろう。様々な団体やF1オーナーたちは、契約の最低必要条件を満たすために最多のレースを開催したいと考えるだろうが、それは間違いだ」


「ただ選手権を成立させることを目的に、8月の予定を埋めて、9月からレースを展開し、クリスマスかそれより後までレースをするのであれば、それは残念なことだ」


 ビルヌーブの考える解決策とは何だろうか? それは元F1商業権所有者バーニー・エクレストンも提案しているように、今シーズンを断念し、今年限りの大イベントとして何戦かの非選手権レースを開催することだ。


「『選手権は開催されない。我々はレースをするが、それぞれのレースはインディ500やル・マン24時間耐久レースのように独自性の高いものになる』と言ってしまう方が賢明だ」と11回のグランプリ優勝経験を持つビルヌーブは提案した。


「選手権が半分になるというより、それぞれのグランプリがグランドスラムのようになる方がいい。また、そうすることでチームは2020年末を2021年の準備に使えるようになるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年シーズン展望号