F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「FIAがフェラーリF1との合意内容を秘密にするのは当然のこと」

2020年3月19日

 フェラーリF1の2019年パワーユニット(PU/エンジン)に関してチームとFIAが秘密保持協定をかわしたことに、ライバルチームが抗議の意を示している。しかしシャルル・ルクレールは、F1チームはFIAを信頼すべきだとコメントした。


 FIAと会長のジャン・トッドはF1の7チームから激しく批判され、フェラーリとの間の合意の内容を完全に開示しなければ訴訟を起こすとの警告を受けている。


 FIAは、2019年シーズン後半にフェラーリが利用した燃料流量システムの合法性について調査を行ったものの、フェラーリが技術規則に違反しているという確証を得られなかった。FIAはフェラーリと協定を結び、その詳細な条件を公表しないことを決め、それによってライバルチームはFIAの透明性と誠実さに疑問を投げかけている。

2019年F1最終戦アブダビGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1最終戦アブダビGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 当然のことながら、ルクレールは、チームとFIAが合意し、その内容が秘密にされていることは正しいと主張した。


「彼らはFIAの行っている仕事を信頼するべきだ。FIAがすべてを説明しないことは、十分理解できることなのだから」とルクレールはメルボルンで語った。


「僕らは、あらゆる部分に関してたくさんの作業を行っている。すべてを公にしたら、チームが行ってきたすべての作業を公にすることになる。それは理解できることだと思うけどね」


「僕は100パーセント、自分のチームを信頼している。FIAは問題を解決するための行動をとった。それを信じている。だから、この問題は終わったこととして、先のことに目を向けたい」


 プレシーズンテストでのフェラーリSF1000のパフォーマンスは素晴らしいものとはいえなかった。2019年のマシンはストレートで圧倒的な速さを発揮していたが、今季型はストレートでは同等のポテンシャルを見せてはいなかった。ルクレールは、その理由として、ダウンフォース量を増やしたことを挙げている。


「ダウンフォースをマシンに追加した結果、ストレートでの速度を失った。でもそれは予測していたことだ」とルクレールは説明した。


「それが一番の理由だと思う。僕たちがやり過ぎてしまったかどうかは、時間が経てば分かる。でも、コーナーでははるかに速くなるはずだ。特にバルセロナではね」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP