F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1、チームの経営破綻防止のため、大規模規則変更を2022年に延期か。2020年シーズンが年をまたぐ可能性も

2020年3月19日

 F1は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、2021年に予定している大規模な規則変更の導入を2022年に延期することを検討している。


 2020年開幕戦から第4戦までの中止・延期が決まり、今季F1カレンダーが大幅に変更される事態となっている。5月のオランダGP、スペインGPが予定どおり開催されるかどうかも不明であり、2020年シーズンがいつ開幕するのか、合計何戦が開催されるのか、不透明な状況だ。


 グランプリが中止されれば、F1の収入が減ることになり、それは直接チームの収入減につながる。特に小規模チームにとって、この経済的損失は大きな打撃になるだろう。2021年にF1技術規則が大幅に変更されることに伴い、多額の開発費用が必要な状態であり、それにチームが耐えられるのかどうかが懸念されている。


 今年、収益が大幅に減ることを想定し、現在のレギュレーションを2021年にも維持し、新規則導入を2022年に延期するという案が提示されており、それを9チームが支持していると伝えられている。フェラーリのみが意見を保留しているが、この案に対する反対を表明しているわけではなく、もう少し時間をかけて検討したいと述べているということだ。

2021年F1マシン予想図
2021年F1マシン予想図

 木曜にはF1のCEOチェイス・キャリーおよびモータースポーツ担当マネージングディレクターのロス・ブラウン、FIA会長ジャン・トッド、各チームの代表が遠隔会議を行う予定であり、その会議においてこの提案について議論し、投票を行う可能性があると『auto motor sport』が伝えている。


 今年の支出を抑えるために大幅規則変更を1年延期し、2021年には基本的に今季と同じレギュレーションのもとで作られるマシンで戦うという案に関して、レーシングポイント代表オットマー・サフナウアーは「現在の劇的な状況では、他に選択肢はない」とコメントしている。


 2022年に大幅規則変更を延期すれば、2020年カレンダー再編成において選択肢が増え、今シーズンが2021年1月まで延長される可能性もあると、『auto motor sport』は伝えている。その場合、2021年シーズンの開幕は4月になるかもしれないということだ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP