F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1ボス「開幕戦からメルセデスと優勝争いができる」ホンダPUのパワーが大幅に向上と評価

2020年3月4日

 レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコは、プレシーズンテストを終えた今、2020年、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンはF1タイトルを狙って戦うことができると確信している。


 2020年プレシーズンテスト6日間のなかで、フェルスタッペンはメルセデスのバルテリ・ボッタスに次ぐ2番手タイムをマークした。テスト最終日の後、フェルスタッペンは、RB16・ホンダに好感触を持っており、シーズンスタートに向けて準備が整ったと語った。一方で、開幕戦から勝利を狙えるマシンだと思うかという問いに対しては、「実際に走ってみないと分からない」という慎重な発言をしている。

2020年F1第2回バルセロナテスト1日目 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 レッドブル・ホンダは2019年、F1コンストラクターズ選手権でメルセデス、フェラーリに続く3位で、チャンピオンのメルセデスとのポイント差は322点におよんだ。


 しかしマルコは、レッドブルは進歩し、メルセデスやフェラーリを相手に本格的にタイトルを争うことができると、強く確信している。


「今年のマシンは我々が予想し、期待していたとおりのパフォーマンスを示している。非常にポジティブな気持ちでシーズンスタートに臨む」とマルコが述べたと英EXPRESSが伝えた。


「マックス・フェルスタッペンを史上最年少ワールドチャンピオンにするという目標に一歩近づいた」


「テストではどのチームも自分が実際にしていることを隠しているので、誤った印象を持ちがちだ。だが、我々が過去数年よりもはるかに準備が整った状態であることは間違いない。オーストラリアではメルセデスと勝利を争うことができると私は考えている」


「高い信頼性を発揮できるものと考えている。テストベンチでは去年の500kmに対して今年は5000kmを走行した。何より重要なのは、ホンダがパワーの面で非常に大きな進歩を遂げたことだ」


「メルセデスやフェラーリと対等に戦えることを期待している。つまり予選で大きく進歩することを願っているのだ」



(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年シーズン展望号